LINDBERG、30周年記念ツアーファイナルで振り返ったバンドの歴史(Rolling Stone Japan)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:Rolling Stone Japan

2021年1月6日、LINDBERGが30th Anniversary Tour「NO LIND, NO LIFE ?」 ツアーファイナル公演を東京・LINE CUBE SHIBUYAにて開催した。

写真3点:もっとライブ写真を見る

2019年4月にデビュー30周年を迎えたLINDBERG。2020年に30周年Anniversaryとして「NO LIND, NO LIFE ?」ツアーを開催。昨年11月8日名古屋DIAMOND HALLを皮切りに全国8カ所をまわり、最終日の東京でツアーファイナル公演に、政府の新型コロナウイルス感染予防のガイドラインに沿って約900名のオーディエンスを迎えた。ここではオフィシャルレポートを掲載する。

「恋をしようよYeah!Yeah!」からライブが始まると、拍手がホールを包み込む。LINDBERGが30年のバンドの歴史を振り返るように、数々の作品が披露され会場のオーディエンスと一緒にLINDBERGの30周年をお祝いする暖かい空間に包まれていった。

中盤には、昨年現役を引退した阪神タイガース藤川投手の甲子園登場曲「every little thing every precious thing」を披露。この楽曲は藤川投手が現役時代甲子園で登板する際に流れる登場曲として広く知られている。昨年11月に行われた藤川投手の引退試合セレモニーでの花束贈呈で渡瀬マキがサプライズで登場したエピソードとともに、「この曲をみんなが歌い甲子園が一体となった光景は感動しました」と感謝の気持ちを歌声に響かせた。

【広告】

市場最安級の月額料金3,609円で使えて、

最大32,000円キャッシュバック! 

市場最強にお得なWiMAX2+はこちら




コメントは受け付けていません。