「戦場のメリークリスマス」「愛のコリーダ 」大島渚監督の代表作が修復版で最後の大規模公開(映画.com)

・抜け毛や薄毛が気になる方

・黒々と健康的な毛髪を維持したい方

髪のphをコントロールし、

頭皮のオイルバランスをキープする

漢方のシャンプー

防掉髪洗髪露(控油平衡配方)

 

 

出典元:映画.com

差別や犯罪など社会の歪みと闘い続け、今なお世界的なリスペクトを集める大島渚監督の代表作「戦場のメリークリスマス」(1983)、「愛のコリーダ」(76)がデジタル修復され、「戦場のメリークリスマス 4K修復版」「愛のコリーダ 修復版」として、4月中旬より順次全国公開される。大島監督作品が2023年に国立機関に収蔵される予定のため、今回が最後の大規模全国公開となる。このほど、デザイナーの成瀬慧氏が手掛けた両作品のポスタービジュアルがお披露目された。

 「戦場のメリークリスマス」は、デビッド・ボウイ、坂本龍一、ビートたけし、内田裕也ら本業が俳優ではない顔ぶれをメインキャストに迎え大ヒットした、戦闘シーンが一切登場しない異色の戦争映画。ボウイ演じる捕虜ジャック・セリアズ少佐に、坂本扮するヨノイ大尉がいつしか惹かれていく様を、東洋と西洋の文化を融合させながら描く。本作で初めて映画音楽を手掛けた坂本による「Merry Christmas Mr.Lawrence」は今もなお広く愛され続けている。

 「愛のコリーダ」は、1936年に世間を震撼させた実在の猟奇事件「阿部定事件」を題材に、松田英子と藤竜也が狂おしいほど求め合う男女を演じた究極の恋愛映画。セックスの描き方にリアルさを追求し、映画での「本番行為」が芸術かエロスかで大きな議論を巻き起こしたことでも話題に。また、後に同名書籍を巡って裁判に発展するなど、大きな注目を集めた問題作だ。

 ジャン=リュック・ゴダール、マーティン・スコセッシら巨匠をはじめ、ヒットメーカーのクリストファー・ノーラン、ルカ・グァダニーノ、アリ・アスターら新鋭監督が大島監督へのリスペクトを公言。後世に多大な影響を残した日本が誇る鬼才の作品が鮮明になってスクリーンで観られる貴重な機会だ。

 「戦場のメリークリスマス 4K修復版」は4月16日、「愛のコリーダ 修復版」は4月30日から、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次公開。

【広告】

手ブラ寄せ機能で自然な谷間

↓  ↓  ↓

補整下着の専門通販
HEAVEN Japan公式オンラインショップ

コメントは受け付けていません。