完璧主義デビッド・フィンチャー、こだわりぬいたハリウッド黄金期の再現(シネマトゥデイ)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:シネマトゥデイ

2020年12月に入ると、ハリウッドでは来年の賞レースに向けてさまざまなバーチャルイベントが始まった。Netflixは非営利の文化団体アメリカン・シネマテークと組んで、アカデミー賞ノミネートに期待がかかる、『Mank/マンク』のデヴィッド・フィンチャー監督を招いた特別イベントを開催。イベント内でフィンチャー監督は、本作で取り組んだこだわりの一部を明かした。

【動画】Netflix『Mank/マンク』予告編

 映画史における最も偉大な作品とも言われる不朽の名作『市民ケーン』の舞台裏を、オーソン・ウェルズと共にアカデミー賞脚本賞を受賞した脚本家ハーマン・J・マンキウィッツの視点で描く本作。フィンチャーは今回、父親ジャック・フィンチャーの手掛けた脚本の映画化に挑み、「黄金期」と呼ばれる物語の舞台、1930~40年代のハリウッドを描くのに、当時の映画を再現したモノクロ映像を選択した。その理由についてフィンチャーは、脚本が大きく影響したと語る。

【広告】

令和元年

何か新しい事に

チャレンジしてみたら?

週末を利用して体験旅行はどうですか?

新しい趣味が見つかるかも。

旅行先での遊び や、

週末の おでかけ 先をお探しなら

日本最大級のレジャー総合情報サイト

にお任せ。

↓   ↓   ↓



コメントは受け付けていません。