なかやまきんに君、“貯金3000万円”と“筋肉”を吸い取られた2つの悲劇を明かす(クランクイン!)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:クランクイン!

お笑い芸人のなかやまきんに君が、29日放送の『証言者バラエティ アンタウォッチマン!』(テレビ朝日系/毎週月曜23時45分)に出演。筋肉もお金も吸い取られたという苦しい経験を明かした。

【写真】なかやまきんに君、留学当時の筋肉と今を比べると一目瞭然! “筋肉比較”写真に驚きの声 「筋肉の成長すごーーい」「若返ってる」

 2006年10月に“筋肉留学”としてアメリカ・ロサンゼルスに渡ったきんに君。しかし、この留学で2つの悲劇が起こってしまう。この悲劇のおかげで、留学前には3000万円あったきんに君の貯金はわずか6万円になり、自慢の筋肉もすっかり落ちてしまったというのだ。

 1つ目の悲劇は、アメリカで仕事ができなかったこと。学生ビザで留学したため、オーディションに合格しても働けなかったきんに君。「(留学先で)仕事があれば、現地の人がスポンサーになってビザが取れるという場合もあった」と語るが、番組収録のスケジュールの関係で就労ビザが用意してもらえなかった、という経験が何度も続いたという。

 仕事はなかなかできないが、何かアメリカで結果を残したいと思ったきんに君がとった行動が、サンタモニカカレッジで筋肉の勉強をすることだった。しかし、ここで2つ目の悲劇が。それは、英語での授業だった。当時、中学生レベルの英語力だったきんに君。授業についていくため、朝6時から予習して大学へ通い、深夜3時まで課題や復習をこなすという日々を送ることになったそう。

 そんな毎日の中、ジムにも半年に1回程度しか行けず、留学前の筋肉は落ちガリガリに。それでもきんに君が勉強を続けたのには、“筋肉芸人”になると決めた時の思いがあるという。「筋トレを始めたときも、『そんなキャラじゃ飽きられるよ』『インストラクターになったほうがいい』と言われた。でも僕は筋肉とお笑いをかけ合わせれば、何かができるかもしれないという思いでずっとやってきた」とデビュー当時の思いを語る。
 
 さらにきんに君は「筋肉留学でも、エピソードを作るためにもっと遊んだほうがいいと言われていた。でも、勉強をしていたら絶対いつか役に立つ、というのを筋トレ(を始めた時)に学んだ。だからつらいけど頑張ろうっていうのは決めていた」と、芸人として筋肉を生かそうと決めた当時の思いを胸に、留学の日々を乗り越えたことを明かした。

 無事卒業し帰国したのち、仕事のない時期を乗り越え現在改めてYouTubeチャンネルなどが注目されているきんに君。YouTubeの製作に留学の経験が活きているか問われると「非常に活きていますね」と笑顔で話していた。


コメントは受け付けていません。