地球全土に猛毒ガス!“最後の聖夜”をどう過ごす? キーラ・ナイトレイ主演作、11月公開(映画.com)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:映画.com

キーラ・ナイトレイが主演を務め“地球最後のクリスマスイブ”を過ごす家族の姿を描く「SILENT NIGHT」が、「サイレント・ナイト」の邦題で、11月18日から公開されることが決定。あわせて、ティザービジュアルと特報が披露された。

【動画】男女12人が聖なる夜に繰り広げるブラックな狂騒曲「サイレント・ナイト」特報

 家族が絆を確かめ合い、恋人たちがロマンティックなひとときに耽るクリスマス。そんな特別な1日を背景にしたクリスマス映画には「素晴らしき哉、人生!」「ホーム・アローン」「ラブ・アクチュアリー」といった楽しく心温まる名作がいくつもある。

 「キック・アス」「キングスマン」シリーズのヒットメーカー、マシュー・ボーンが製作した「サイレント・ナイト」は、そうしたクリスマス・ムービーのイメージを根こそぎ覆すイギリス映画だ。もしも家族と友人たちが集うクリスマスが“人類滅亡の日”だったら――クリスマス映画と終末的なディザスター映画という対極的なジャンルが融合し、前代未聞のサプライズを呼び起こすファミリードラマとなっている。

 田舎の屋敷でクリスマスのディナー・パーティーを催そうとしているイギリス人夫婦のネルとサイモン、彼らの息子たちであるアート、双子のハーディ&トーマスの5人家族のもとに、学生時代の親友たちとその伴侶が次々と集まってくる。子どもを含む全12人の男女は久々の再会を楽しんでいたが、今年はいつものクリスマスとは違っていた。あらゆる生物を死に至らしめる謎の猛毒ガスが地球全土を席巻し、明日にもイギリスに到達するのだ。果たして、彼らは“最後の聖夜”をどう過ごすのだろうか……。

 ナイトレイは、パーティーの主催者として大切な家族や仲間をとりまとめようと奮闘するネル役として出演。「ジョジョ・ラビット」のローマン・グリフィン・デイビスがネルの息子アートに扮し、「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」のマシュー・グード、「マリグナント 狂暴な悪夢」のアナベル・ウォーリス、「プラネタリウム」のリリー=ローズ・デップらが滑稽さと切実さが入り混じった絶妙のアンサンブルを見せている。

 監督のカミラ・グリフィンは、ローマン・グリフィン・デイビスの母親でもあり、本作にはローマンの双子の弟ハーディとギルビーも出演。オリジナル脚本も手がけたグリフィン監督は、新型コロナのパンデミックを予見したかのような世界観を創出。このうえなくセンセーショナルな“人類最期のクリスマス映画”を生み出してみせた。

 「サイレント・ナイト」は、11月18日からグランドシネマサンシャイン池袋ほか全国公開。

【広告】

      【応援うちわ専門店 ファンクリ】

スマホやPCで簡単に作れる応援うちわ


コメントは受け付けていません。