ジャン=ジャック・ベネックス監督「ディーバ」デジタルリマスター版9月16日公開(映画.com)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:映画.com

「溝の中の月」(83)、「ベティ・ブルー 愛と激情の日々」(86)などで知られ、今年1月13日に死去したジャン=ジャック・ベネックス監督の代表作で、1980年代初頭の“新しいスタイルの映画”を象徴する傑作「ディーバ」デジタルリマスター版が9月16日公開される。

【フォトギャラリー】「ディーバ」場面写真

 ベネックス監督はリュック・ベッソンやレオス・カラックスと共に、1980年代のフランスで興った“シネマ・デュ・ルック”(「スタイルの映画」=主に疎外された若者を主人公とする、きらびやかで趣向を凝らした視覚スタイルを特徴とした新しいタイプの青春映画)の監督として括られた。

 本作はベネックス監督が1981年に手掛けた長編デビュー作であり、80年代版ヌーベル・バーグともいえる“シネマ・デュ・ルック”の象徴的作品だ。モノマニアックな若者。犯罪。オペラのアリア。禅。強烈な色彩感覚。ポップアート調の室内装飾……ハイカルチャーとサブカルチャー、西洋文化と東洋文化、スリラーとロマンスとアクションなど、一見相容れない要素を混ぜこぜにしつつ構築された規格外の娯楽映画として世界中で話題となり、セザール賞4部門(監督・音楽・撮影・音響)を受賞、アメリカでも興行的成功を収めた。日本では1983年に初公開以降、屈指のカルト・クラシックとして人気を博し、約40年経ってもその魅力を放ち続けている。

 このほど、9月2日から開催される「Peter Barakan‘s Music Film Festival 2022」での上映を経て、9月16日から正式に劇場公開されることが決定した。デジタルリマスター版での上映となり、美しい映像で甦った名作を大スクリーンで堪能できる貴重な機会となる。

 9月16日から、ヒューマントラストシネマ渋谷、アップリンク吉祥寺ほか全国順次公開。数量限定でオリジナルビジュアル・ポストカード1枚付きの全国共通特別鑑賞券 1300円(税込)が発売中。

【広告】

おいしく・楽しく

                                【カロセーブ】

健康的にダイエット

↓   ↓   ↓

【カロセーブ】で置き換えダイエット!

コメントは受け付けていません。