BREIMENが待望の3rdアルバムをリリース&東名阪ツアーを開催(チケットぴあ)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:チケットぴあ

常軌を逸した演奏とジャンルにとらわれないスタイルで注目を浴びる5人組ミクスチャーファンクバンド、BREIMEN。メンバー各々が数多くの有名アーティストのサポートアクトを勤め、その確かな演奏力、独特な歌詞の世界観、セッションを軸としたサウンドセンスのギャップに熱烈なファンを獲得している。

【写真】BREIMENの3rdアルバム『FICTION』

2021年5月にリリースした2ndアルバム『Play time isn’t over』は、後藤正文(ASIAN KUNG FU GENERATION)の私設賞「Apple Vinegar Award」で特別賞を受賞。そして、2022年5月には岡野昭仁(ポルノグラフィティ)、井口理(King Gnu)のコラボナンバー「MELODY(prod. by BREIMEN)」で、高木祥太(b&vo)が作詞・作曲、BREIMENメンバーが演奏・編曲を担当。直近行われたワンマンライブはコロナ禍にもかかわらずソールドアウト、各イベントでも入場規制がかかるなど「いま聴くべき」2020年代屈指のネクストブレイクアーティストとして急速にその名を広げている。

そんな彼らが注目を浴びる今、満を持して制作された自身の勝負作ともいえる 3rdアルバム『FICTION』が、7月20日にリリースされた。今作は、従来のアルバム作りとは異なり、制作面ではリアリティをより追求。高木祥太の心の内にあったものを初期段階からメンバーに共有し、5人での長期に渡る合宿を経てアレンジを話し合い、レコーディングの際には全曲クリックを使わず生楽器やハードウェアにこだわった音録りを実施。

また、今作はシネマティックなテーマに寄り添い、一曲一曲がひとつの映画かのような物語を感じる作品であるとともに、アルバムを通じても一つの物語といえるような、様々な演出が凝らされた作品となっている。もはや音楽という概念を超え、リアルとフェイクが共存するモキュメンタリー『FICTION』を、ぜひその身で感じてほしい。

9月には本作を引っ提げた東名阪のツアーが開催される。公演は、9月17日(土)大阪・Shangri-La、18日(日)愛知・池下CLUB UPSET、29日(木)東京・Spotify O-EASTにて。チケットは、8月2日(火)昼12:00までオフィシャルHP先行(抽選)受付中。

【広告】

おいしく・楽しく

                                【カロセーブ】

健康的にダイエット

↓   ↓   ↓

【カロセーブ】で置き換えダイエット!

コメントは受け付けていません。