IMALU、奄美大島とのニ拠点生活を開始 パートナーも伴い環境問題・魅力発信に取り組む(オリコン)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:オリコン

タレントのIMALU(32)が、東京と奄美大島のニ拠点生活をはじめる。従来のタレント活動に加え、奄美大島の環境問題や魅力の発信に取り組む。10代から芸能界での仕事を続けて変わった仕事への思いや結婚観、“さんまの娘”としての想い、コロナ禍を経ての心境の変化などを赤裸々に話した。

【写真あり】「血は争えない」幼少期の写真を公開したIMALU

■奄美大島との出会いは、“ビビビッ”ときた

――東京と奄美大島との二拠点生活を始められたそうですね。きっかけはあったのでしょうか?

IMALU:旅と海が好きで、実は数年前から「旅をしながらリモートでの仕事を増やせないか」と本気で考えていたんです。そのうちにコロナ禍になり、旅行がしにくい日々が続く中で、ニ拠点生活を考えるようになりました。

――なぜ、奄美大島だったのでしょう。

IMALU:東京からアクセスのよい伊豆や鎌倉なども選択肢として考えていたのですが、初めて奄美大島を訪れたときに一瞬で「ビビビッ」ときて、「ここに住んじゃおう」と思ったんです(笑)。東京が嫌いになったわけでもなく、移住でもなく、二拠点での生活。半々のバランスでどこまでやっていけるかのチャレンジしてみたいと思っています。

――ご両親に相談はしたのですか?

IMALU:相談はしなかったですね。決めてから報告をしました。私は直感で動いちゃうタイプなので、思ったら即行動って感じでした。うちは両親とも「好きなことを自由にすれば」という感じなので、「いいじゃん。遊びにいくね」と盛り上がっていました(笑)。

――奄美大島では、どんな活動を予定していますか?

IMALU:奄美大島の話をすると、まず「聞いたことはあるけど、具体的にはどこだっけ?」と言われることが多くて。私も訪れる前はピンと来てなかったけれど、鹿児島県と沖縄本島のほぼ中間に位置していて、東京から飛行機の直行便も出ています。沖縄と同じように海がキレイなのに、人は少ない。黒糖焼酎や鶏飯など美味しいものもたくさんあるし、島唄も沖縄とはちょっと違う切なさがあったり。魅力がたくさんあるのに、まだちゃんと知られていない気がして。だからこれから奄美大島のことを勉強しながら魅力を発信して、貢献できることを自分の中で見つけれたらと思っています。

【広告】

体臭・口臭にお困りの方!   

多数のメディアで話題の消臭サプリ

                                        『shunax』
                                   もう気にならない!!

 



コメントは受け付けていません。