「ちょっと横になる?」クズ男役、菊池風磨が前田敦子を誘う「もっと超越した所へ。」予告(映画.com)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:映画.com

前田敦子主演で劇作家・根本宗子の舞台を映画化する「もっと超越した所へ。」の予告編(https://youtu.be/H9QtPCpb6N0)が、このほど披露された。

【フォトギャラリー】着物姿の前田敦子

 2015年に東京・下北沢のザ・スズナリで上演された同名舞台をもとに、根本が自ら映画脚本を手掛け、ダメ男を引き寄せる女性たちの恋愛模様を描く。前田がダメ恋愛体質の主人公を演じ、彼氏役で「Sexy Zone」の菊池風磨が共演。そのほか、趣里、千葉雄大、伊藤万理華、「OKAMOTO’S」ドラマーのオカモトレイジ、黒川芽以、三浦貴大が顔を揃える。

 予告映像では、久しぶりに再会した衣装デザイナー・真知子(前田)の部屋に早々と上がり込んだストリーマー・怜人(菊池)が「ちょっと横になる?」と誘い込む場面からスタート。「手とか洗ってないから」「俺も洗ってないから大丈夫っしょ」と、なし崩しにされる真知子。ボンボン男・富(千葉)は子役上がりタレント・鈴(趣里)に甘えつき、落ぶれ俳優・慎太郎(三浦)は、風俗嬢・七瀬(黒川)に威勢をはる。「好き」と笑い合うフリーター・泰造(オカモト)とギャル・美和’(伊藤)。仲睦まじく幸せなはずなのに、うなだれる彼女たちの姿と「なんでこんな人を好きになっちゃんだろう」という言葉が浮き上がる。

 「自分の罪悪感減らさないでよ!」「毎日生活して暮らしていくってラクじゃないことだから!」と訴え、「泣いてないで早く出てってよ!」とブチ切れる真知子たち。追い出された怜人たちは「全員クズ男」だった。

 “ありきたりのハッピーエンドなんて欲しくない” と願う真知子たち。果たして、自分たちだけのハッピーエンドをつかみとることができるのか――。ラストは、前田がナレーションを担当し「私たち4人の意地と根性で“もっともっともっと超越した所へ。”!」という力強い言葉で締めくくり、タイトルへと繋がっていく。

 「もっと超越した所へ。」の監督は、山岸聖太が担当。10月14日よりTOHOシネマズ 日比谷ほかで全国ロードショー。

コメントは受け付けていません。