「トップガン マーヴェリック」を参考に「キューティ・ブロンド3」を製作?(映画.com)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:映画.com

「キューティ・ブロンド3(仮題)」を準備中の女優でプロデューサーのリース・ウィザースプーンが、今年最大のヒット作「トップガン マーヴェリック」に多くの影響を受けていることを明らかにした。

 2001年に公開された第1作「キューティ・ブロンド」(ロバート・ルケティック監督)は、主人公エル・ウッズ(ウィザースプーン)が、元恋人を追って難関ハーバード・ロー・スクールに進学し弁護士を目指して奮闘する姿を描き、大ヒットを記録。03年の第2作「キューティ・ブロンド ハッピーMAX」(チャールズ・ハーマン=ワームフェルド監督)は、エルが大手法律事務所に就職し、企業による動物実験を阻止するために闘うというストーリーだった。

 18年にウィザースプーンは「キューティ・ブロンド3(仮題)」の契約を締結。20年には「私の“初めて”日記」のミンディ・カリングが脚本執筆をすることが発表されたが、その後、進展はない。そんななか、ウィザースプーンは米USAトゥデイ紙の取材で近況を報告している。

 「『キューティ・ブロンド3(仮題)』が実現することにいまでも期待を抱いています。『トップガン マーヴェリック』のようなものね。彼らはあの映画の新しいバージョンを作るまでに長い時間をかけた。そして、新作にノスタルジーの要素を入れているのも大好き。エル・ウッズをどうすべきか、当時のみんなにとって重要だった要素をどう維持すべきか、たくさんのインスピレーションをもらったわ」

 米MGMは、20年に「キューティ・ブロンド3(仮題)」は22年5月の全米公開と発表していたが、現在は公開未定となっている。

【広告】

              ふとんクリーナーのパイオニア

レイコップ

・レイコップだけの特許技術「光クリーンメカニズム」
・UV+たたき+吸引の3ステップで、効果的にハウスダストが除去できる!
・ハウスダスト除去率は3分90%以上!
・実感できる楽しさ、よく見えダストボックス
・実際ハウスダスト取れてるの?… 一目でわかるダストボックスを採用!




コメントは受け付けていません。