朝ドラ俳優・辻凪子「濱田岳さんのような役者になりたい」 内気だった少女の生きる道を変えた“喜劇”の愉しみ(オリコン)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:オリコン

吉本興業の創業者をモデルにしたNHK連続テレビ小説『わろてんか』にて、踊り子芸人「安来節乙女組」のメンバーの一人・小豆沢とわ役を演じ、一躍脚光を浴びた辻凪子さん。『べっぴんさん』『まんぷく』『おちょやん』と朝ドラを始めとした映像作品への出演を重ね、大学在学中に手掛けた映像作品が国際映画祭で入選するなど映像監督としての歩みも進めている。彼女が目指すのは「日本一の喜劇女優」。なぜ“喜劇”にこだわるのか理由を聞いた。

【画像】すごい喜劇っぷり…すすまみれで佇む、辻凪子 ドラマの配役とのギャップに驚き

■「お芝居だったら役柄になって表現できる」爆笑を浴びて自分の新たな一面を知った

━━『わろてんか』に出演したのは、大学在学中のことでしたが、喜劇俳優を目指していたことから、このドラマには「絶対出たかった」そうですね。

辻 はい、地元大阪を舞台にした“笑い”をテーマにした作品でしたから、絶対出たいと思っていました。オーディションでは、落語を披露して、その後、「最近面白いことありましたか?」と聞かれて、ちょうどバイトしていたパン屋をクビになったときだったので、笑い話として披露したら、めっちゃ笑っていただけました(笑)。

━━そもそも、なぜ、喜劇だったのですか?

辻 小さい頃からお笑いが好きで、芸人さんをめちゃくちゃ尊敬していたんです。でも、人前に出たら泣いてしまうような内気な子どもだったので、自分には無理だなと思っていて。そんなとき、テレビで『Mr.ビーン』を観て、動きや表情で人を楽しませられることを知って、しかもお芝居だったら役柄になって表現できるので、これなら私にもできるかもって思うようになったのがきっかけでした。

 そんな思いから小学生の頃は友達とコントをするようになって、その後、中学時代に全校生徒の前で『桃太郎』の芝居をする機会があったんですけど、大勢の前に立ったのにぜんぜん恥ずかしくなくて、しかも犬役の私のセリフ一言で爆笑をかっさらってしまって、快感を得たというか(笑)。自分の新たな一面を見ることができた気がして、そのときから本格的に喜劇女優を目指し始めました。

━━それで、夢を叶えるために、芸能文化科のある高校に進学されたんですね。

辻 高校では、お芝居だけでなく、落語や三味線、日舞、あと、舞台の裏方や映像のことも勉強して、ますます芝居の道に向かうテンションが上がっていきました。舞台にも魅了されて、舞台の出演者オーディションも積極的に受けて、いくつか出演することができました。

━━京都芸術大学に進学し、さらに多くの舞台やインディーズ映画に出演されるようになりました。間寛平さんが旗揚げした劇団間座にも参加されましたね。

辻 間座のオーディションは、虫のミュージカルを作るということでしたので、何か生き物を演じようとカエルの演技をしたら、寛平さんがめっちゃ笑ってくれて、主役のセミの幼虫をやらせていただきました!

━━寛平さんとの芝居はいかがでしたか?

辻 喜劇女優になりたい私にとっては、寛平さんはもちろん、芸人さんとお芝居をすることは滅茶苦茶刺激的でした。みなさん、観客を笑わせることに全力投球で、寛平さんは舞台に出てきた瞬間、それだけで会場がドッと湧いて、本当にすごいなと。尊敬はもちろん、ますます喜劇の愉しみを知って、喜劇女優を目指す気持ちが強くなりました。

【広告】

ピアノ初心者の60代男性が、

わずか30日で「第九」を弾けた方法とは?

      楽譜が読めなくても30日で

  上達するピアノレッスンです。



ピアノ初心者の60代男性が、

わずか30日で「第九」を弾けた方法とは?

あなたは「第九」や「歓喜の歌」と呼ばれる曲の

作曲した人を、ご存知でしょうか?

「第九」は年末にもよく合唱などで歌われていて

有名なクラシック曲なので、ご存知の方も多いでしょう。

この曲は、“楽聖”つまり、“きわめてすぐれた音楽家”と呼ばれる

ベートーヴェンが晩年に完成させた名曲です。

正式名称を「交響曲第九番」と言います。

この、偉大な音楽家が作曲した、

世界中で愛されているこの名曲を、

あなたも今すぐ、ピアノで弾いてみましょう!!

・音楽経験なんてまったくない!

・指をスラスラ動かせない!

・そもそも、楽譜が読めない!

そんなお悩みも、まったく問題ありません。

楽譜が読めなくても、憧れのピアノは弾けます!

しかも、たった30日で。

⇒「本当に!?信じられない!」という方は、
まずこちらの映像をご覧ください。

通常、ピアノ教室に通うとまず行うのが、

楽譜の暗記です。

楽譜は英語のように、普通の生活では、

使わない記号が盛りだくさんです。

ですから、まずその記号を覚え、楽譜の読み方に慣れないと
なかなか曲をスラスラ弾けません。

ですから、はじめて曲を1曲弾けるまで「3カ月かかった」

なんて話もよく聞きます。

そんなに時間がかかるなんて・・・

と驚いてしまったあなた、

お気持ちよくわかります。

もっとカンタンに、早く、楽しく、ピアノを

弾けるようになれたら、嬉しいですよね。

そこで、楽譜に“あるもの”を足すだけで、誰でもすぐ、

楽譜をスラスラ読めて、曲に挑戦できる方法があります。

一体何かわかりますか?

楽譜は、普段使わない記号を使うから難しいのです。

例えば、小学生がまだ習っていない漢字を

いきなり読むのは難しいですよね。

でも、その漢字にもし読み仮名があったら、

ひらがなさえ知っていれば、スラスラ読めると思います。

これと同じで、楽譜も、普段使うものを足すだけで、

カンタンにスラスラ読めるようになるのです。

つまり、あなたが普段使っている「フリガナ」と「数字」を使えば、

見てすぐ楽譜を読んで、曲に挑戦できるでしょう。

今回ご紹介するピアノ上達レッスンでは、

この“画期的な楽譜”を使って、すぐに曲を弾くことができます。

短期間でピアノが弾ける!“特別な楽譜”の見本をぜひ一度、ご覧下さい。
⇒見てすぐ弾ける楽譜のヒミツを知る!

しかも、すごいのはそれだけではありません。

このピアノ上達レッスンの講師の先生がすごいです。

現役のピアニスト兼、ピアノ教室の講師の

【 海野 真理 】先生です。

指導の経験が豊富な海野先生は、レッスンのプロ中のプロ。

そのレッスンは順番待ちができるほど大人気です。

そんな大人気ピアノ講師のレッスンを自宅で

好きな時間に好きなだけ受けられます。

本格的で、わかりやすいレッスンを自宅で受けられる!

というピアノレッスンは大好評で、

ついに受講者は5,000人を突破しました!!

⇒気になる海野先生のピアノレッスンはこちら。

憧れのピアノを思い通りに弾きこなせた瞬間、

心の底から感動を感じることでしょう。

それだけではありません。

ずっと弾いてみたかった、大好きな曲にも、

ドンドン挑戦できるでしょう。

大好きな曲を弾けたときの喜びは、

さらに格別です。

家事の合間のちょっとした時間に、

食後のひと時に、ピアノを奏でる。

そんな憧れのひと時を今すぐ手に入れませんか?

target=”_blank” rel=”nofollow noopener noreferrer”> ⇒試しにピアノレッスンを見てみる

しかも、今だけ!

★さらに追加であの名曲が弾ける!

通常の練習曲にプラスして【3曲】分も弾ける

初心者向け“楽譜”をプレゼント中です。

はじめてでも安心の、弾くコツがすぐわかる。

先生の解説と模範演奏が入ったCD付き!

憧れの名曲をすぐに弾けるこの特典は、期間限定です。

ぜひ、お早めにご確認下さい。

 ⇒只今のプレゼント曲はこちら

コメントは受け付けていません。