京本大我の努力が詰まった“超ナルシスト”な姿 「TANG タング」新場面写真(映画.com)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:映画.com

二宮和也が主演を務める「TANG タング」の新たな場面写真が披露された。ナルシストなロボットデザイナーを演じた京本大我の姿を切り取っている。

【画像】愛らしい!迷子のロボット、タング

 本作は、日本でもベストセラーとなったイギリスの小説「ロボット・イン・ザ・ガーデン」を日本版にアレンジして映画化。人生に迷うダメ男・健(二宮)と記憶喪失のロボット・タングが繰り広げる冒険を描く。

 「SixTONES」のメンバーとして活躍する京本が演じたのは、健がタングを最新型のロボットと交換してもらうために訪れた、アンドロイド製造の大手企業・アトビットシステムズ社のロボットデザイナー・林原信二。

 林原はAIやロボットについては博学だが、超がつくほどのナルシスト。ナチュラル志向でカフェインは取らないため、コーヒーを飲まないというこだわりを持っている。京本は撮影前から独特な決めポーズやしぐさを何パターンも研究し、毎日林原のことを考えていたそう。個性あふれる、どこか憎めない林原のキャラクターは本作の見どころの一つとなっている。

 「TANG タング」は、8月11日から全国公開。

【広告】  漢方由来のヘアーケアー

防掉活髪精華


・白髪や抜け毛が増えてきたと感じる方に
・黒々とした健康的な毛髪を維持したい方に

健康的な毛根や毛髪を維持するためのセラムです。

コメントは受け付けていません。