令和版『パパムス』第2話あらすじ “小梅”飯沼愛ד健太先輩”長尾謙杜のデートに注目(オリコン)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:オリコン

俳優の飯沼愛、眞島秀和、人気グループ・なにわ男子の長尾謙杜が出演する、TBS系ドラマ『パパとムスメの7日間』(毎週火曜 深0:58 ※一部地域を除く)の第2話が、2日深夜に放送される。

【写真】デートを心配そうに見守る恭一郎(中身は小梅)

 2007年7月からTBS系日曜劇場枠で放送され、舘ひろし主演、ムスメ役を新垣結衣が演じ人気を博した15年ぶりに復活。今回はムスメの恋愛を中心とした、ラブコメディーとしてリメイクされ、主人公・川原小梅を飯沼、パパ・川原恭一郎を眞島、小梅が片想いしている憧れの先輩・大杉健太を長尾が演じる。

■第2話のあらすじ
健太先輩 (長尾謙杜) からのデートの誘いをOKした小梅 (飯沼愛) の姿になった恭一郎。しかし恭一郎の真のねらいは、娘と健太との交際を阻止することだった。2人の仲を裂く作戦を立てながら悪い顔をする小梅の姿をした恭一郎。だが恭一郎は、自分が女子高生の小梅としてやり過ごすことができるのかという不安も同時に抱えてしまう。

一方、恭一郎の会社に初出勤することになった恭一郎 (眞島秀和) の姿をした小梅は、恭一郎に渡されたノートを頼りに他の社員たちとなんとかコミュニケーションを取ろうと試みる。そんな矢先、小梅の姿をした恭一郎が健太先輩とのデートを勝手にOKしたことを知る。本当の自分が行けないことを歯痒く思いながらも、小梅と健太がデートする姿を想像し、うれしくて悶絶するのだった。

そしてついにやってきたデートの日。2人の様子を恭一郎の姿をした小梅が物陰から見守っていると、小梅の姿をした恭一郎は健太先輩にあり得ない態度を連発 !! そんなパパの対応にイライラが募った小梅は…!? そして健太先輩からも思いもよらぬ言葉が…!?

【広告】

      【FC東京】チケット販売



選手の顔と名前を覚えて、

「推しメン」を決めて、

スタジアムで熱い声援を送ろう!

コメントは受け付けていません。