高橋克実、久々の「へぇボタン」に感動「押したことない」 地元・三条市市長からのトリビアに「へぇ」(オリコン)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:オリコン

俳優の高橋克実(61)が2日、都内で行われた『三条市PRアンバサダー委嘱式』に登場した。高橋が司会を務めた番組『トリビアの泉』(2002~12年放送 フジテレビ)にちなみ、新潟県三条市市長の滝沢亮氏が同市のトリビアを披露すると、高橋は「へぇボタン」を押して「へぇ」とニヤニヤしていた。

【写真】懐かしい…「へぇボタン」を連打する高橋克実

 高橋は1961年に三条市に生まれ、新潟県立三条東高等学校を卒業するまで同市で過ごしてきた。そんな縁から今回、同市史上初のPRアンバサダーに就任し、PR名刺の授与、トリビアトークが展開された。

 滝沢市長よりタスキと委嘱式、名刺を手渡されると「ありがとうございます! 頑張ります」「なんか、選挙に出るみたい」とにっこり。

 アンバサダーに就任して「18歳、高校卒業するまでいて、一番仲がいい友達は中学、高校時代の友達なんですよね。どこかに行きたいと思う時は『三条市に帰りたいと思う』。水や食べ物、青春時代過ごしたところですから中々忘れられない…、自分の基礎を作ってくれたところです」と同市の思い出を振り返った。

 同市のトリビアトークコーナーでは、滝沢市長が「三条市の爪切り工場に、ジャイアント馬場のキャデラックがある」とトリビアを披露すると、「そうなんですか!?」と驚き。手元に用意された『トリビアの泉』で使用された「へぇボタン」を連打し、「へぇボタン、懐かしいな~。10年ぶりくらい?僕は押したことないんですよ。押させる側ですので」と感動していた。

【広告】 更年期?

《経典薬方》十全大補丸


・冷えや顔色の悪さが悩みの方に
・産後、体力が回復しない方に

発汗を伴うめまい、手足の冷えの改善に

コメントは受け付けていません。