山崎賢人、日曜劇場に初主演! 「アトムの童」で“ゲーム業界のバンクシー”に(映画.com)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:映画.com

俳優の山崎賢人が、TBSの10月期に放送される日曜劇場「アトムの童(こ)」に主演することが明らかになった。山崎が日曜劇場のドラマに出演するのは、「陸王」(2017)以来5年ぶりとなるが、同枠で主演を務めるのは初めてとなる。

【天才ゲーム開発者役!】主人公・安積那由他に扮する山崎賢人の劇中カット全4枚

 「アトムの童」は、「相棒」「相棒 season18 テレビ朝日開局60周年記念 元旦スペシャル」「この恋あたためますか」を手がけた神森万里江氏の完全オリジナルストーリー。現代のゲーム業界を舞台に、大手企業や販売元を介さず個人でゲームを制作する、通称「インディー」と呼ばれる若き天才ゲーム開発者が、大資本の企業に立ち向かう姿と周囲の人々との関わりによって成長していく姿を描く。

 山崎が演じる主人公の安積那由他(あづみ・なゆた)は、「ジョン・ドゥ」という名前で活動する天才ゲーム開発者。誰もその素顔を知らないことから「ゲーム業界のバンクシー」と称されていたが、ある事件をきっかけにゲーム業界から離れ、静かに暮らしているという役どころだ。

 その一方で、海外との価格競争などの影響で廃業の危機を迎えていた老舗玩具メーカー「アトム」が、那由他を探していた。経営再建のため「ゲーム制作」に参入すべく、経営の舵を切った「アトム」は資金もノウハウもないなか、藁にも縋る思いで那由他とコンタクトを取ろうと奔走する……。

 世界のゲーム市場で日本の存在感が際立つものとなったのは、1983年に任天堂が発売した「ファミリーコンピュータ」(以下、ファミコン)だということは言うまでもない。家庭用ゲーム産業の“ビッグバン”として世界中で人気を博し、94年にソニー・コンピュータエンタテインメント(現ソニー・インタラクティブエンタテインメント)が発売した「プレイステーション」は、ゲームの表現力を飛躍的に進化させた。

 ファミコンの発売から約40年。世界のゲーム人口は、全人口の約半分とされる30億人になるとも言われ、あらゆる世代が満遍なく触れたであろうカルチャーになったといっても過言ではない。と同時に、「インディー」と呼ばれるゲーム開発者が世界中で同時多発し、「Minecraft」など数々の名作を生み出したことも事実である。ゲーム業界を舞台に「ものづくり」で世界に挑戦し、様々な困難に立ち向かっていく那由他を、山崎がどのように体現するのか目を離すことができない。

 山崎のコメント全文は、以下の通り。

■山崎賢人
5年前に日曜劇場「陸王」に参加させていただき、毎週感動を与えることができるすごく熱いドラマの枠だなと感じていました。そんな日曜劇場で主演を務めさせていただけるということで、キャスト・スタッフ一丸となって、全力でおもしろい作品が撮れたらと思っています。
子どもから大人まで、みんなが触れてきたゲームというものを通じて、いろいろな世代の方に楽しんでいただけるストーリーになっているかと思います。
毎週日曜夜9時が楽しみになるような、家族みんなで見て熱くなれるような最高の作品にしたいと思っていますので、ぜひ楽しみにしていてください!

【広告】

                              SUGAR BISKET

大人可愛いアパレル&シューズを

お手頃プライスで豊富に取り揃えました!

お気に入りのアイテムがきっと見つかる♪

 

コメントは受け付けていません。