アニメ版ヒロイン役の雨宮天、実写ドラマ『かのかり』声で出演決定「驚きました」(オリコン)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:オリコン

アニメ『彼女、お借りします』のヒロイン・水原千鶴を務めている声優の雨宮天が、実写ドラマ『彼女、お借りします』(テレビ朝日で毎週土曜 深2:30/ABCテレビで毎週日曜 後11:55)に声で出演することが10日、発表された。主人公・和也の祖母・和がハマっているゲームのキャラクターを演じる。

【写真】千鶴にそっくり!大胆に肩出ししたコスプレ?感ある雨宮天

 雨宮は『七つの大罪』のエリザベス役など、人気作品のメインキャストを務める人気声優。一方で、声優として初めて「FIRST TAKE」に出演するなど、歌手としても活躍の場を広げている。そんな雨宮が、ドラマ版の『彼女、お借りします』にも出演し、アニメとドラマの垣根を越えて『彼女、お借りします』に華を添える。

 出演が決まり雨宮は「ドラマ『かのかり』にまさか関わらせていただけるとは思っていなかったのでお話をいただいた時とても驚きました。セリフ収録時にドラマスタッフの皆さんに喜んでいただけてとてもうれしかったです!」とコメントを寄せた。

 同作は『週刊少年マガジン』(講談社)で連載中のコミックス累計発行部数1000万部を突破している人気ラブコメ漫画が原作。主人公は、ダメ大学生で非モテ人生まっしぐらの木ノ下和也で、初めてできた彼女・七海麻美に速攻でフラれ、半ばヤケクソでレンタル彼女を申し込んだところ、理想の女性・水原千鶴が現れ、千鶴に惹かれながらも、思わせぶりな態度の元カノ・麻美、超積極的な瑠夏、極度の人見知りで口下手な桜沢墨らが登場し、和也があたふたする様子を描いたストーリー。

 現在テレビアニメ第2期が放送中で、実写ドラマでは主人公・木ノ下和役を人気グループ・なにわ男子の大西流星、ヒロインの水原千鶴役を桜田ひより、七海麻美役を秋田汐梨、更科瑠夏役を工藤美桜、桜沢墨役を沢口愛華が担当している。

コメントは受け付けていません。