木村拓哉、『LOVE LOVE あいしてる』最終回で吉田拓郎と24年ぶりの共演 生田斗真、風間俊介も登場(クランクイン!)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:クランクイン!

7月21日20時から放送の『LOVE LOVE あいしてる 最終回・吉田拓郎卒業SP』(フジテレビ系)に、木村拓哉、生田斗真、風間俊介が出演することが発表された。木村は吉田拓郎から“最後に会いたい人”のひとりとしてオファーを受け出演し、生田、風間と共に後輩・KinKi Kidsのバックダンサーも務めた。

【写真】『LOVE LOVE あいしてる』でトリオ復活! KinKi Kids&吉田拓郎

 本番組は、KinKi Kidsと吉田拓郎という異色のタッグによる音楽バラエティー『LOVE LOVE あいしてる』の5年ぶりの復活にして最終回となる特別番組。

 番組では、木村が『全部だきしめて』を歌いながらスタジオに登場。木村は今回でテレビ出演を“卒業”する拓郎から、“最後に会いたい人”のひとりとしてオファーを受けたが、「スタッフの作り話かと思った」と恐縮。拓郎は「木村くんはオーラがすさまじい」と“木村拓哉愛”トークが止まらず、木村は「本当に光栄です」と照れ笑いを。

 これまで、木村は『LOVE LOVE あいしてる』(1997年2月22日放送)、『生LOVE LOVE あいしてるスペシャル』(1998年7月18日放送)と2回出演。今回、拓郎と木村は『生LOVE LOVE~』以来、24年ぶりの共演となり、冒頭からトークが止まらない。ランダムに質問を選び、ゲストの素顔に迫るトーク企画では、木村が“あの時の俺、超ダサかった!”“今いちばんリラックスできる瞬間は?”という質問に答えていく。

 拓郎も自身のリラックスできる瞬間を明かし、その意外な回答にスタジオ大爆笑。すると、トークは予期せぬ展開へ…。剛は「こういうこと、この番組は多かったですよね」と懐かしみ、光一も「そういうのが聞きたいんだよね」と笑い、和やかなムードに包まれる。

 ゲストがKinKi Kidsや拓郎らと歌いたい楽曲を選ぶ、番組恒例企画「LOVE LOVE な歌」で木村が選曲したのは、KinKi Kidsのデビュー曲『硝子の少年』。選曲に「すごく迷った」という木村だが、「25周年を迎えるKinKi Kidsとファンの皆さんに喜んでもらいたい」と考え、KinKi Kidsとファンが最も長く、愛してきた大切な一曲に決めたという。

 さらに、拓郎の“卒業式”、番組の最終回を盛り上げたいと考えた木村は、「自分たちのバックで踊ってくれていた2人のバックで踊る」ことを提案。また、『硝子の少年』をリリースした当時、KinKi Kidsのバックダンサーを務めていた生田、風間にも声をかけ、「ジャニーズJr.とは呼べないから、“ジャニーズシニア”」と木村自ら命名した、スペシャルなユニットを結成する。

 しかし、当初、KinKi Kidsは「せっかくの機会だから先輩に歌ってほしい」と思い、それを聞いた番組スタッフはKinKi Kidsと木村、3人で歌うための資料を用意。その資料を受けとった木村は「今回はバックで、と言ったじゃないですか!」と返し、先輩と一緒に歌いたいKinKi Kids、後輩のバックで踊りたい木村で議論を重ねた。かくして、木村が初めてKinKi Kidsのバックダンサーを務める『硝子の少年』が実現することに。

 拓郎も「めちゃくちゃ楽しみだな~」と期待を込める今回は、さんま、あいみょん、奈緒、そして木村、生田、風間という豪華ゲストを迎えて届ける。

 『LOVE LOVE あいしてる 最終回・吉田拓郎卒業SP』は、フジテレビ系にて7月21日20時放送。

【広告】

新会社でも作れる

法人ETCカードは

         【ETC協同組合】

しかもスピード発行




コメントは受け付けていません。