磯村勇斗「大切な作品になった」 初主演映画「ビリーバーズ」に強い思い入れ(映画.com)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:映画.com

俳優の磯村勇斗が7月9日、東京・テアトル新宿で行われた初主演映画「ビリーバーズ」(R15指定)の公開記念舞台挨拶に、共演した北村優衣と宇野祥平、城定秀夫監督とともに出席した。

【無精ヒゲが放つ色気】舞台挨拶に立った磯村勇斗

 カリスマ的人気を誇る漫画家・山本直樹氏の同名コミックを実写映画化。俗世の汚れを浄化し、安住の地を目指すため、孤島で修業を重ねるカルト信者の男性2人と女性1人。そんな彼らの異常な日常は、些細な綻びをきっかけに、バランスを失っていく。

 「ヤクザと家族 The Family」「東京リベンジャーズ」など話題作への出演が続く磯村にとって、本作が初の主演映画。純粋な信仰心と抑えきれない欲望の間で揺れ動く主人公のオペレーター役を演じ、「初主演が『ビリーバーズ』で良かったと確実に言える。大切な作品になった」と強い思い入れ。「普遍的なものより、過激というか、こういう挑戦的な作品を好んでしまいますし、今後原点に戻りたいと思ったら、宇野さんの顔を思い出したい(笑)」とユーモアを交え、本作への思いを語った。

 副議長と呼ばれるヒロインを演じた北村は、「気づかいを気づかいと思わせない。人間性が表れているのかな」と磯村の座長ぶりに感服。孤島のリーダーでもある狂気的な議長にふんした宇野も「コーヒーを飲みたいなと思っていたら、磯村くんがさりげなくコーヒーを買ってきてくれた」と舞台裏のエピソードを披露した。当の磯村は「宇野さんの顔に、コーヒーが飲みたいって書いてあった」と涼しい表情で、「この3人でなければ成立しなかった。共演者の相性がこんなにもいいことはない」と北村と宇野に感謝を示していた。

 過激な内容ゆえ、映像化不可能とも言われた問題作。長年の原作ファンである城定監督は、その世界観を尊重しながら、脚本を執筆し、唯一無二の映像世界を作り上げた。「企画がなかなか進まず、4~5年がかりでようやく完成した。ビックリするシーンもありますし、皆さんの感想が楽しみ」と期待を寄せ、「見ていると、島で一緒に生活する住人になっていく。そんな錯覚に陥る」と役柄に没入したキャスト陣をたたえていた。

コメントは受け付けていません。