『ビーバップのおっさん』、白井光浩、清水宏次朗の場面写真公開 直江喜一からコメントも(クランクイン!)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:クランクイン!

俳優の白井光浩と清水宏次朗がダブル主演する映画『ビーバップのおっさん』より、追加場面写真9枚および、共演の直江喜一と村澤寿彦のコメントが届いた。

【動画】テルとヒロシがよみがえる!『ビーバップのおっさん』予告編

 本作は、1980年代の人気映画『ビー・バップ・ハイスクール』へのオマージュ満載の痛快人情活劇。同作で“城東工業のテル”こと藤本輝男を演じた白井と主人公・加藤浩志を演じた清水は、けんかっ早い“藤元輝”と女にモテる“愛徳浩”として再共演する。

 また、1980年放送の『3年B組金八先生』で“腐ったミカン”こと加藤優を演じた直江が、2人に助けられるおにぎり屋の店主として出演。映画『湘南爆走族』(1987)でモヒカンがトレードマークの丸川角児役を演じた村澤は丸川会長役、ドラマ『ヤヌスの鏡』(1985)で多重人格の主人公を演じた杉浦幸が、本作でも性格がひょう変する丸川の美人妻を演じる。

 おにぎり屋の店主・加藤役の直江は「今回オファーを頂き、『えー! こんな親父にもうツッパリなんかできないよー!』と思ってたら、おにぎり屋の親父で安心しました。『金八』の腐ったみかんがチラッと台詞に出てくるとこなんか、結構笑えます」とコメント。

 丸川会長役の村澤は「まさか30数年の時を経て、こんなカタチでまた丸川を演じる事が出来るなんて、本当に人生何が起こるかわかりませんな(笑)」とし、今回、この作品を観て下さった方の中で、1人でも『あー! マルもおっさんになったなー(笑)』なんて笑ってくれる方が居れば…サイコーっすね!」と心境を語っている。

 映画『ビーバップのおっさん』は、7月24日に東京・渋谷ユーロライブ、8月11日に大阪・朝日生命ホールにてプレミア上映。以降、全国順次公開。

【広告】

      【FC東京】チケット販売



選手の顔と名前を覚えて、

「推しメン」を決めて、

スタジアムで熱い声援を送ろう!

コメントは受け付けていません。