【「ソー ラブ&サンダー」評論】ソーの熱き“愛と雷”は、笑劇を衝撃に変えて脳天を射抜く!!(映画.com)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:映画.com

ああ、思えば遠くへ来たものよ。ケネス・ブラナーによるシェイクスピア調の玉座争い(「マイティ・ソー」)から、近年のアホアホな笑劇ポップ路線へと、雷神ソー(クリス・ヘムズワース)のソロ映画は11年間ですっかり方途が変わってしまった。

【画像】「ソー ラブ&サンダー」場面写真

 しかし最新作は、ここにきての原点回帰。ゴッドブッチャーの悪名どおり神々を殺していく復讐者ゴア(クリスチャン・ベール)との対決や、元カノだった天文物理学者ジェーン(ナタリー・ポートマン)への接触を経て、彼のスーパーヒーローとしてのアイデンティティを再確認していく。そりゃ「アベンジャーズ エンドゲーム」(19)で醜く肥大化したソーを、MCUの次期フェーズに適合させるには必要な矯正だろう。とはいえ、かつて自分を正義に導いた重要人物と今いちど向き合い、加えて神を全否定するようなヤツが今回のスーパーヴィランとなるところ、難しく話が展開するのではと気を揉んでしまう。

 いやいや、そこは案じることなかれ。前述のラブでサンダーな情動が、深謀なく脳天を突き抜ける。タイカ・ワイティティが掌理する演出は前回の「マイティ・ソー バトルロイヤル」(17)同様、笑いを点火剤にし、しれっと観る者を胸アツ展開へと押しやる、人を食ったようなテイスト全開だ。それはマッチョにソー化したジェーンや、へっぴり腰な神の総帥ゼウス(ラッセル・クロウ)などに顕著で(前者は無神経に笑えない事情が絡むが)、唯一ダークなコントラストを放つゴアの存在も、扮するベールのストイックな演技姿勢を反映しておりシニカルだ。

 そういう点で、映画は「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズ(14・17)のジェームズ・ガンと似た感性を共有している。いっぽうで、あてどなく彼らとつるんでいたソーの、本作における切り離しのタイミングは「ガンとは違うのだよ、ガンとは!」と主張しているかのよう。とまれ、こんな調子で“愛と雷“なる突発的なサブタイトルに、ガンズ・アンド・ローゼズの引用以上の説得力を持たせていくのだ。笑劇を衝撃に変えて観客の胸を射抜く、創造のジャングルへようこそ♪

 なので本作を観た後、タイカに新「スター・ウォーズ」を任せるのも悪くないかも? と、ソー(そう)感じさせてくれたのも大きな収穫だった。いささか我田引水な主張だが、あの天衣無縫な柔軟さを作風とする彼なら、SWを本来のフットワークに戻してくれそうな気がする。

(尾崎一男)

【広告】

手ブラ寄せ機能で自然な谷間

            タニマドンナ

↓  ↓  ↓

補整下着の専門通販
HEAVEN Japan公式オンラインショップ

コメントは受け付けていません。