ルピタ・ニョンゴ代役にモーゼス・イングラム アップルの新ドラマに主演(映画.com)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:映画.com

Netflixのドラマ「クイーンズ・ギャンビット」でエミー賞助演女優賞にノミネートされ、Disney+のドラマ「オビ=ワン・ケノービ」で悪役を演じ注目を集めたモーゼス・イングラムが、米アップルTV+のリミテッドシリーズ「Lady in the Lake(原題)」に主演することがわかった。

 米Deadlineによれば、本作は作家ローラ・リップマンの同名推理小説をドラマ化する作品。ナタリー・ポートマンとルピタ・ニョンゴが主演する予定だったが、今年始めにニョンゴが降板し、イングラムが代役を務めることが決定した。

 原作は、1960年代の米メリーランド・ボルチモアが舞台。クレオ・シャーウッド(イングラム)が両親と息子たちを残して姿を消すが、警察も新聞も黒人女性の失踪を気にも留めていなかった。一方、夫と別れたばかりのマディ・シュワルツ(ポートマン)は新聞社の職を得て、ある未解決殺人事件の調査にのめり込んだところ、思いがけない問題を引き起こしてしまうというミステリー。

 ポートマンにとって、テレビシリーズの主演はこれが初めてとなる。新シリーズ「Lady in the Lake(原題)」は、全米監督組合賞の初長編映画監督賞を受賞した「ハニーボーイ」のアルマ・ハレルが監督。ハレルとドレ・ライアンらが共同脚本を手がける。ポートマン、ハレル、原作者のリップマン、ネイサン・ロスらが制作総指揮を務める。

コメントは受け付けていません。