南沙良主演、映画『この子は邪悪』本予告解禁 主題歌はゲスの極み乙女(オリコン)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:オリコン

俳優の南沙良が主演する映画『この子は邪悪』(9月1日公開)の本予告、本ビジュアル、ゲスの極み乙女が書き下ろしによる主題歌「悪夢のおまけ」 が解禁となった。

【動画】予想外のストーリーと想定外のラストを感じさせる本予告

 本作は、映画『嘘を愛する女』や『哀愁しんでれら』、『先生、私の隣に座っていただけませんか?』などを生み出した、映像企画とクリエイターの発掘プログラム『TSUTAYA CREATORS' PROGRAM FILM 2017』の準グランプリ作品を映画化。監督・脚本を務めたのは、ドラマ『ネメシス』、映画『ノイズ』などの脚本を手がけ、「さよなら、ムッシュ」などの小説も執筆し、本作が長編3本目となる新鋭・片岡翔。

 本予告は5年前の夏、家族4人で遊園地に行った帰り道に不慮の事故に遭うシーンから始まる。そして、心に傷を負った少女・窪花(南)の前に幼なじみの少年・四井純(大西流星/なにわ男子)が突然現れる。そんなある日、脚に障害が残った心理療法士の父・司朗(玉木宏)が、植物状態から目を覚ました元気な母・繭子(桜井ユキ)を連れて帰って来る。

 ところが、花はうれしそうな家族の雰囲気になじめず、「お母さんが帰ってきた時、何か違和感があったの」と純に打ち明ける。すると、純は繭子に対し、「あの人、お母さんのふりをしているんじゃない?」と言い、花はそれを聞いて、「まさか」と笑うが、純は司朗に対しても、“退行催眠について調べたんだ。洗脳みたいな事も出来るんじゃないの?”と話す。さらに、純は顔に火傷を負ったマスク姿の妹・窪月(くぼ・るな)に対しても、「事故の後、月ちゃんの顔をしっかりと見た事ある?」と聞き、「調べたい事がある。これで5人目。もしかしたら全部つながっているのかもしれない」と続け、花は一緒に謎を解いていくが…。

 母は別人? 父が催眠? 妹は死亡? 予想外のストーリーと想定外のラストという、驚きを感じさせる映像となっている。

 また、本ビジュアルは“ありえない”というキャッチコピーと共に、驚く花が大きく写し出されており、無邪気な笑顔の純、不安な表情の繭子、怪し気な表情の司朗のほかに、古ぼけた心理療法室と、その前に佇む白いマスクでウサギのぬいぐるみを持つ月など、不穏な印象のデザインとなっている。

 川谷絵音を中心に結成された独自のポップメロディを奏でる4人組バンド、ゲスの極み乙女による主題歌「悪夢のおまけ」について、ボーカル/ギターの川谷は、「ゲスの極み乙女では“泣きながら踊る”をテーマに曲を書いてきましたが、今回は“壊れながら踊る”が根本にあります。それは映画を見ればわかります。『どちらも正しくないとしたら壊すしかなくなる』。歌詞の一節。新しい“ゲスの極み乙女”と『この子は邪悪』、期待してください」とコメントを寄せている。

【広告】 更年期?

《経典薬方》附桂八味丸

・膝や腰など関節に痛みがある方に
・排尿時における障害を感じる方に

膝、腰の痛みや弱み、排尿障害などの症状に。

コメントは受け付けていません。