「キングスマン」のタロン・エジャトンが次なるウルヴァリン役へと一歩前進か マーベルともすでにミーティング済との報道(IGN JAPAN)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:IGN JAPAN

「キングスマン」シリーズのエグジー役で知られるタロン・エジャトンがウルヴァリンを演じたいと考えており、その件について、マーベル・スタジオの社長ケヴィン・ファイギも出席しての話し合いもすでに行われたという。
現在のところ、マーベル・シネマティック・ユニバースで映画「X-MEN」シリーズが製作されるかどうかについてはまだ明らかにされていないが、ディズニーが21世紀フォックスを買収したことを考えると、おそらく「ファンタスティック・フォー」映画のような形での製作が進行中なのではないかと思われる。

X-MENがMCUに加わるのであれば演じたいとエジャトンが考えているのは、もっともアイコニックなX-MENキャラクターであるウルヴァリンだ。そうなれば、これまで演じてきたヒュー・ジャックマンから引き継ぐこととなる。ニューヨーク・タイムズ紙のインタビューで、エジャトンは「ジャックマンから引き継ぐのは少し躊躇するけれど、でもやっぱりやってみたいと思う」と話している。
「わくわくするだろうけど、不安にもなるだろうね。あの役はヒューのイメージがすごく強くて、ほかの人が演じるのはとても難しいんじゃないかと思うから」とエジャトン。「でも、もしそれを受け入れられたら、やらせてもらえるといいなと思う」
MCUの「X-MEN」プロジェクトに参加する可能性のあるキャストも実際に製作されるのかどうかは知らないということだが、長きにわたって「X-MEN」のプロデューサーをつとめてきたサイモン・キンバーグも今年1月のIGNのインタビューで、「実現するかどうかわからない」と話している。彼は、「ジャックマン以外の誰かがウルヴァリンを演じるところを想像するのが難しいが、ファイギのMCUを作り出す能力を心から信じている」とも語っている。

【広告】

おいしく・楽しく

                                【カロセーブ】

健康的にダイエット

↓   ↓   ↓

【カロセーブ】で置き換えダイエット!

コメントは受け付けていません。