『クライシス コア-ファイナルファンタジーVII- リユニオン』の新旧グラフィックの比較画像がすごい 3Dモデルは作り直しに(IGN JAPAN)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:IGN JAPAN

PSPの名作をリマスターする『クライシス コア-ファイナルファンタジーVII- リユニオン』。本作はリマスターだが、キャラクターの3DモデルはPSP版から作り直されているという。公式Twitterアカウントがグラフィックの比較画像を投稿しており、これが話題になっているようだ。

比較画像は公式サイトにて以前から公開されているものだ。公式サイトではスライダー付きで新・旧のグラフィックが比較できる。あらためてグラフィックの違いを見てみると、リマスターというよりもリメイク版なのでは、と言えるぐらい作り直されているのがわかるだろう。
PSPは画面解像度の都合上、どうしてもグラフィックにジャギー(ギザギザ)が出てしまう。それがリマスターされて取り除かれること自体は当然と言える。新・旧のグラフィックを比較すると、新しいものは顔の輪郭や髪の跳ね具合、肩幅といった部分もリアルになっているように見える。単に高解像度したというレベルではないぐらい、3Dモデルが作り直されているわけだ。

上記の英語の公式ツイートによると、リマスター版ではカメラやキャラクターの動きが改善され、UIも最適化されるという。また、バトルシステムにおいても新たなメニューが採用されているそうだ。
日本語の公式サイトを見ると、リマスター版では3Dモデル以外に背景やUIなどの全グラフィックデータが作り直されているらしい。各種スキップ機能の追加まであるようだ。BGMはオリジナル版も担当していた石元丈晴によって複数の楽曲が新たにアレンジされる。そのほか、オリジナル版ではボイスがなかった部分も新規収録されていて全編フルボイスとなっている。
『クライシス コア-ファイナルファンタジーVII- リユニオン』はPS4/PS5/Xbox One/Xbox Series X/Nintendo Switch/PC(Steam)にて今冬発売予定だ。

【広告】

娘が弾いていたピアノ。

私が弾けたらなー・・・

お任せください。

      楽譜が読めなくても30日で

  上達するピアノレッスンです。



コメントは受け付けていません。