『映画ドラえもん』最新作、舞台は空に浮かぶ理想郷 脚本は『コンフィデンスマンJP』の古沢良太(クランクイン!)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:クランクイン!

映画第1作目が公開された1980年から、42作目を迎える『映画ドラえもん』シリーズの最新作、『映画ドラえもん のび太と空の理想郷(ユートピア)』が、2023年3月に公開されることが発表された。併せて、ティザービジュアルと特報映像が解禁された。

【写真】木村昴、ジャイアンの新曲『ジャイアントドリーム』でモーションキャプチャに挑戦

 今回メガホンを取ったのは、2017年から、TVアニメ『ドラえもん』の演出を数多く手がける堂山卓見。今作が『映画ドラえもん』シリーズの初監督作品となる堂山は、「映画ドラえもん第一作『のび太の恐竜』が公開されたのは、僕が生まれた1980年のことでした。そんな歴史ある作品に関われるだけでも光栄なことなのに、いきなり監督のお話をいただき、喜びや感激を感じる前にびっくりしたというのが正直なところです」とコメント。
 
 また、脚本は『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズ、や『コンフィデンスマン JP』シリーズをはじめ、2023年放送の大河ドラマ『どうする家康』も手掛けるなど、幅広いジャンルで活躍し続ける脚本家・古沢良太が務める。古沢は、「最初に脚本のお話を頂いたとき、あまりに恐れ多いことでお断りするつもりでした」としつつ、「ドラえもんは不世出の天才が遺した偉大な宝であり、それを守り継いできた数多の素晴らしいクリエイターたちの末席に加われるのならこんなに名誉なことはありません」と抜てきへの喜びを語った。

 今作の舞台となるのは、空に浮かぶ、誰もが幸せに暮らせて何もかもが完璧な世界“理想郷(ユートピア)”。

 公開された映像には、今作オリジナルのひみつ道具で、タイムワープ機能付きの飛行船・“タイムツェッペリン”に乗り込むドラえもん達の姿が。
 
 ドラえもん達は、大昔から多くの冒険家たちが夢見たアトランティスや竜宮城といった、誰もが1度は想像したことがある夢のようなユートピアを探しに、空をかける大冒険へと飛び立っていく。
 
 2023年春、なんでも叶う楽園を舞台に繰り広げる、S(すこし)・F(ふしぎ)な大冒険に注目だ。
 
 映画『ドラえもん のび太と空の理想郷(ユートピア)』は2023年3月より全国公開。

※堂山卓見、古沢良太コメント全文は以下の通り

【広告】

新会社でも作れる

法人ETCカードは

         【ETC協同組合】

しかもスピード発行




コメントは受け付けていません。