堀田真由主演、『オカルトの森へようこそ』赤い隕石から幕を開ける映画版予告編(オリコン)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:オリコン

WOWOWで放送されるドラマに続き、劇場公開される『オカルトの森へようこそ THE MOVIE』(8月27日公開、同時デジタル配信)の予告編が解禁された。

【動画】映画『オカルトの森へようこそ』解禁された予告編

 本作はホラー映画を得意とする白石晃士が監督・編集・脚本を務めるオリジナルPOV(ポイント・オブ・ビュー=主観視点)ホラー。これまでも「戦慄怪奇ファイル コワすぎ!」シリーズなどで自身がカメラマンとなり、POVで展開する臨場感あふれる映像を届けている白石監督だが、今回の新作でも、ホラー映画監督の黒石光司役で出演し、監督・脚本・撮影を手がける。

 異界とつながる祟りの森を舞台に、黒石率いる5人が次々と迫りくる恐怖から逃げ惑い、時に立ち向かう。黒石のカメラが恐ろしい出来事を撮り続ける、ノンストップ・ジェットコースター・ホラー・アドベンチャー。

 黒石を厳しくも愛情をもって支える、助監督の市川美保役に堀田真由。オラオラ系の美しきカリスマ金髪霊能者・ナナシ役に飯島寛騎、映画監督・黒石のファンであり、恐ろしい体験の発端となる精神錯乱気味の美女・三好麻理亜役に筧美和子、行方不明の女の子を捜索中に黒石たちと森で出会い行動を共にする“自称・正義の味方”のスーパーボランティア・江野祥平役に宇野祥平。

 解禁となった映画版予告編は、全ての始まりである赤い隕石から幕を開ける。黒石の元に送られてきた映像に映る謎の存在、張り紙だらけの異様な雰囲気を放つ家、蠢(うごめ)く小袋、ポルターガイスト現象、湖から出現する謎の巨大生物、カルト宗教団体などなど、祟りの森で起きる様々な怪現象の数々。そして、魅力的でクセの強すぎる実録ホラー撮影隊の面々。最終的には、映画を撮りに来ただけなのに、いつの間にか世界を救う決断をする男前すぎる主人公・市川の覚悟を決めた表情で幕を閉じる、本作の魅力をぎゅっと詰め込んだ仕上がりとなっている。

 また、ドラマでは放送されない劇場版限定の同時上映短編「訪問者」のシーンも初公開され、黒石と市川の前に現れた、ナイフを持った謎の男が部屋の真ん中で叫ぶシーンが入った気になりすぎる予告編になっている。

 ドラマは、WOWOWで7月22日より放送・配信スタート(毎週金曜 後11:30、全6話※第1話無料配信)。

【広告】

日本最大級のビデオオンデマンド

                                    <U-NEXT>

無料トライアル実施中!




コメントは受け付けていません。