佐久間宣行、ワイルドな髪型でイベント登場 『ストレンジャー・シングス』への思い熱弁(オリコン)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:オリコン

テレビプロデューサーの佐久間宣行氏が5日、都内で行われたNetflixシリーズ『ストレンジャー・シングス 未知の世界4』配信記念SPイベントに出席。この日のイベントでは、ゲストが「80年代ファッション・髪型に身を包んで登場する」というものだったが、佐久間氏はワイルドな髪型で、いつもとは違った雰囲気で登場した。

【写真】大喜利の回答がややウケで不満げな野田クリスタル&横で笑う村上

 マヂカルラブリー(村上、野田クリスタル)、渋谷凪咲、園崎未恵が、それぞれ80年代を意識したルックで登場したが、佐久間氏のみ事情が違っていた様子。「『オレもやります』と言ったら、やんわり『やらなくていいです』と言われて(笑)。オレ、これ私服だから。私服に(同作の)Tシャツ着ただけだから」と大笑いした。

 同作の“生みの親”であり、製作総指揮・監督・脚本を務めるザ・ダファー・ブラザーズ(マット・ダファー&ロス・ダファー)とスペシャルトークを行うほど、佐久間氏の作品への思い入れは深い。シーズン1の舞台設定となっている1983年に関するトークでは、佐久間氏が「小学2~3年生くらいでした。ちょうどファミコンが出たところで、夢中になっていたので、世界観が本当に自分の子ども時代で、ドンズバで涙が出そうになる」と力説した。

 イベントでは、渋谷とマヂラブが「ストレンジャー・シングス大喜利」を行う流れに。ジャッジ役を担った佐久間氏は「サブにいる時の感覚になる(笑)。急にストロングスタイルの大喜利」と笑いながらも、しっかりと審査を行っていた。

 同作は、1980年代の小さな町ホーキンスで“少年ウィルの失踪事件”をきっかけに不可解な出来事が頻発、少年少女たちが解決に立ち向かう全世界大ヒットのミステリー・アドベンチャー。シーズン4のVol.1配信後には、Netflixシリーズの中で、配信後の初週末として過去最高の全世界視聴時間を記録した。


コメントは受け付けていません。