子どもの積立貯金を不倫女につぎ込む夫、娘のために1度は許すも…“ありえない”言い訳に呆れた妻「こんな父親だったらいない方がマシ」(オリコン)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:オリコン

妻が妊娠中、夫が同じ職場の後輩と不倫。しかも夫が、家庭のお金を不倫相手につぎ込んでいた。ショッキングなエピソードが描かれた『社内不倫の果て』原作者のユリさんは、「なんでこんな夫と結婚してしまったんだろう…」と後悔をにじませるが、漫画を発信したことで多くの励ましも得られたという。エピソードを発信する想いや当時の心境などについて話を聞いた。

【漫画】口座から見覚えのない引き落とし! 不倫夫のありえない言い訳に「情けない…ダサい…なんでこんなのと結婚したんだろう

■不倫されて幸せだった生活が一変、「堪忍袋の緒が切れました」

――ご自身のエピソードを、なぜ多くの人に伝えたいと思われたのですか。

【ユリさん】夫に不倫されたことがきっかけで、当たり前のように続くと思っていた幸せな生活は一変しました。そんな時に、同じく不倫をされたつきこさん(@saredumatsukiko)という方が、SNSでエピソードを募集していたので、応募してみようと思ったんです。

――反響はいかがでしたか?

【ユリさん】私の体験談を読んだフォロワーさんが、Instagramやブログにコメントを書いてくださいました。共感や励ましの声が多く、自分の経験が、多少なりとも誰かの心に響いたということが嬉しかったですね。

――旦那さんとは同じ職場だったんですね。そして“社内不倫”ということは、不倫相手も同じ職場ということになります。不倫疑惑が浮上したのは、相手からのLINEメッセージでした。

【ユリさん】初めて夫に不信感を持った時は、心臓がバクバクして息ができなくなりました。その時はまだ夫のことが好きだったため、すぐに気持ちの切り替えはできず、悶々とした日々を過ごしていました。

――「相談に乗っていただけ」などとはぐらかされているシーンもありましたね。深く問い詰めようとすると、「嫉妬するなんて気持ち悪い」と拒絶されてしまいました。

【ユリさん】「気持ち悪いなぁ」と言われた時は、正直驚きました。夫は交際していたころから嘘をつくのが下手だったので、今思えば後ろめたいことがあったから、あのような態度だったのだな、と納得がいきますね。

――不倫の決定的な証拠を掴んだだけでなく、家庭のお金を使い込んでいた事実も見つけます。それも不倫相手との食事代やデート代として…1ヵ月で10万円が引き出されていました。

【ユリさん】夫に一気に嫌悪感が湧きました。使い込まれていたお金は、子どものために必死で貯めていた費用だったんです。それなのに不倫相手に使われていると分かった時は、堪忍袋の尾が切れました。

【広告】  漢方由来のヘアーケアー

防掉髪洗髪露(烏髮配方)


・髪にツヤがなくなってきたと感じる方に
・健康的な頭皮と毛髪を維持したい方に

髪のツヤが気になる方向けシャンプーです。
防掉髪護髪素(滋養修護)との併用がお勧め。

コメントは受け付けていません。