元ちとせ、デビュー曲「ワダツミの木」ヒットから20年「歌いたくないと思ったことは一度もない」(オリコン)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:オリコン

2002年にメジャーデビューを果たした曲「ワダツミの木」が大ヒットし、“100年に1人の歌声”と称された歌手・元ちとせ。当時、宇多田ヒカル、浜崎あゆみ、倉木麻衣、BoAなど、次々と“歌姫”が誕生していた激戦の時代に、シマ唄の歌唱法を取り入れた彼女独自の歌声が日本全国に衝撃をもたらした。それから20年、目まぐるしく変化し続けてきたJ-POPカルチャーの中で、元ちとせのスタンスは驚くほど変わらない。7月6日にリリースとなる、14年ぶりのオリジナルアルバム『虹の麓』でも、“100年に1人の歌声”は健在だ。昨年には世界自然遺産に登録された地元・奄美、20年間歌い続けてきたシマ唄への変わらぬ思いを聞いた。

【写真】元ちとせ、現在は奄美大島で2児の母!「子ども達はYOASOBI歌ってる」

■「ワダツミの木」イメージのままでいい 幾度のリクエストも「歌わない方がおかしい」

「ひとつのことに対して丁寧に向き合ってきましたし、20年間良いペースで活動を続けてこられたと思います」と、デビュー20周年を感慨深げに振り返る元ちとせ。「ワダツミの木」のヒット以前は全国的に名も知られていなかった奄美大島が、広く注目されるきっかけを作ったことに対してはどう感じていたのだろうか。

「奄美の実家は同級生ですら知らないような小さな集落だったので、私がデビューしたことでそこに観光バスが来たりするようになったときはちょっと焦りました(笑)。自分で選んだ人生だけど、何かとてつもない大きなものを背負ってしまったな…という感覚はありましたね。私がデビューする以前から東京に出てきている人からは、『君のおかげで堂々と奄美出身だと言えるようになった』と言われたことがありました。それまで奄美出身だと言うのを恥ずかしがっていたということがショックで、故郷に自信と誇りを持ってほしいと思ったのを今でも覚えています」

 大ヒット曲を生み出したアーティストは、その後のプレッシャーやイメージ脱却に苦悩することも少なくない。ところが彼女は、「全くプレッシャーを感じなかった」と笑う。

「あれから色々な所で「ワダツミの木」のリクエストを頂くようになって、『歌いたくないと思ったことはないのですか?』と聞かれることがありますが、この20年間、本当に一度もないんです。むしろ“歌わない方がおかしくない?”ぐらいに思っていて(笑)。ただ、他のアーティストの方にカヴァーしていただくこともありますが、『やっぱり元ちとせが歌う「ワダツミの木」が一番良いね』って思われなきゃいけないなというプレッシャーは常にあるかもしれません(笑)」

【広告】  漢方由来のヘアーケアー

美髪素


・白髪や抜け毛が気になりだした方に
・黒く艶やかで美しい毛髪にしたい方に

明朝時代の処方を基に作られた漢方薬です。

コメントは受け付けていません。