荒木宏文ら出演、舞台「漆黒天 -始の語り-」ビジュアル&あらすじを解禁(ステージナタリー)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:ステージナタリー

荒木宏文らが出演する舞台「漆黒天 -始の語り-」のキービジュアルとあらすじが公開された。

「漆黒天」は、映画と舞台を連動させるプロジェクト「ムビ×ステ」の第3弾。去る6月24日には、脚本を末満健一、監督・アクション監督を坂本浩一が担う映画「漆黒天 -終の語り-」が公開された。作・演出を末満が務める舞台「漆黒天 -始の語り-」では、映画「漆黒天 -終の語り-」の前日譚が描かれる。

舞台は戦乱が終わり、徳川による治世が始まったばかりの江戸。新しい時代に“人を活かす剣”の在り方を求める宇内道場の師範・宇内陽之介(荒木)は、家族や門下生らと共に穏やかな日々を送っていた。ある日、陽之介が別の道場を営む友人・嘉田蔵近(梅津瑞樹)の出稽古の相手をしていると、邑麻二郎太(松田凌)と三郎太(長妻怜央)の兄弟が弟子入りを志願してやって来て……。

出演者には荒木、松田、長妻、梅津のほか、小島藤子、橋本祥平、松本寛也、加藤大悟、安田桃太郎、小澤雄太、鈴木裕樹といった面々が名を連ねた。公演は8月5日から21日まで東京・サンシャイン劇場、31日から9月4日まで大阪・梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティで行われる。なお一部公演ではアフタートークを開催。詳細は公式サイトで確認しよう。

■ ムビ×ステ 舞台「漆黒天 -始の語り-」
2022年8月5日(金)~21日(日)
東京都 サンシャイン劇場

2022年8月31日(水)~9月4日(日)
大阪府 梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ

作・演出:末満健一
出演:荒木宏文 / 松田凌、長妻怜央(7ORDER)、梅津瑞樹 / 小島藤子 / 橋本祥平、松本寛也、加藤大悟、安田桃太郎 / 小澤雄太、鈴木裕樹 / 工藤翔馬、榮桃太郎、澤田圭佑、下尾浩章、菅原健志、杉本佳幹、宮永裕都、横山慶次郎

(c)2022 movie-st

【広告】

手ブラ寄せ機能で自然な谷間

            タニマドンナ

↓  ↓  ↓

補整下着の専門通販
HEAVEN Japan公式オンラインショップ

コメントは受け付けていません。