ヨン・ウジン主演×イ・ジウン(IU)共演、『夜明けの詩』の邦題で11・25公開(オリコン)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:オリコン

Netflixドラマ『39歳』、映画『愛に奉仕せよ』(6月24日公開)などに出演する韓国俳優ヨン・ウジン主演、是枝裕和監督の最新作『べイビー・ブローカー』(6月24日公開)への出演も話題の歌姫イ・ジウン(IU)が共演する映画『SHADES OF THE HEART』(英題)が、『夜明けの詩』の邦題で11月25日より全国公開されることが発表された。

【画像】主演ヨン・ウジンの場面写真

 まだ冬が残るソウル。小説家のチャンソク(ヨン・ウジン)は、7年ぶりにイギリスからソウルに帰国する。コーヒーショップで時間を失くした女(イ・ジウン/IU)と出会う場面から、ストーリーは展開していく。想い出を燃やす編集者、希望を探す写真家、記憶を買うバーテンダーといった、心に深い葛藤を抱えながらも人生を歩み続ける、4人との出会いを経て、チャンソク自らも心に閉ざしてきた記憶と向き合う。

 主演の務めるヨン・ウジンは、柔らかい眼差しや深みのある演技力で、観客を魅了する“ロマンス職人”。イ・ジウンは、K‐POPクイーン“IU”として活躍し、韓国で「国民の妹」と称されるほどの絶大な人気を誇る。ドラマ『マイ・ディア・ミスター~私のおじさん~』で主演を務め、その演技に惚れ込んだ是枝監督が『ベイビー・ブローカー』への出演を熱望した逸話を持つ。

 そのほか、韓国の名バイプレイヤーとして名を馳せるキム・サンホ(映画『ビューティー・インサイド』)はじめ、イ・ジュヨン(映画『サムジンカンパニー1995』)、ユン・ヘリ(映画『ジョゼと虎と魚たち』)らが出演。生と死、時間、記憶という深遠なテーマを、観る者たちの心に寄り添う癒しの物語に昇華させた。

 監督・脚本を務めるのは、韓国版『ジョゼと虎と魚たち』で繊細な演出と映像美で観客を魅了したキム・ジョングァン。「フィクションとノンフィクションの垣根を超えるという大胆な挑戦をした作品です。生と死、時間、記憶といったテーマを軸に人生を語る映画」と、本作をアピールするキム監督は、脚本家としての才能にもあふれ、近年ブームとなっている韓国文学を思わせるような、人の心の機微をポエティックかつ繊細に描き出す、文学的映像作品に仕上がっている。俳優陣の繊細な演技力、ソウルの美しい情景も見どころだ。

 日本版ポスタービジュアルは、本編でも登場するコーヒーショップでイ・ジウン/IUが、ヨン・ウジンの肩にもたれかかるカットが採用され、「影は光を強くする。」というキャッチコピーを添えて、“観る者すべてに寄り添うヒーリングストーリー”という、本作の世界観を表現している。

【広告】

娘が弾いていたピアノ。

私が弾けたらなー・・・

お任せください。

      楽譜が読めなくても30日で

  上達するピアノレッスンです。



コメントは受け付けていません。