カンヌや米アカデミー賞を賑わせた『わたしは最悪。』一目でおしゃれな印象が残るビジュアル7種(オリコン)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:オリコン

「第94回アカデミー賞」で脚本賞と国際長編映画賞にノミネート、「第74回カンヌ国際映画祭」では女優賞を受賞した、ノルウェー映画『わたしは最悪。』(7月1日公開)のWEB、そして一部劇場限定の特別ビジュアル計7種が解禁となった。

【画像】AICONによるイラストコラボポスター

 本作は、芸術の都オスロを舞台に、学生時代は成績優秀で、アート系の才能や文才もあるのに「これしかない!」という決定的な道が見つからず、いまだ人生の脇役のような気分の主人公ユリヤ(レナーテ・レインスヴェ)の日常を描いた作品。

 一目でおしゃれな印象が残るビジュアルを手がけたのは、ファッション、広告、グラフィックをはじめ、ロングヒットを続けた映画『花束みたいな恋をした』や、『mid90s』『ライトハウス』などのA24作品、ほか数多くの話題の映画のアートディレクションも手がける気鋭のアートディレクター・石井勇一氏。

 うち6種は、本作を読み解くためのキーワード、「LOVE」「OBSESSIN」「CONFUSION」「MAGIC HOUR」「DELIGHT」「CHOICE」と名付けられ、自分の感情に翻ろうされていくユリヤのさまざまな表情をメインに、フォント、レイアウト、個々のスチールの印象が全く異なるにも関わらず、ユリヤの心情の変化が一連のストーリーのように見るものに訴えかけ、インパクトを残すものに仕上がっている。

 これらビジュアルについて石井は「ああは人に言ってしまったけど、いろいろと思い付きでファッションや興味も心変わりしてしまう(主人公・ユリヤの)ように、ビジュアルパターンのロゴ表情も敢えて全く変えています」「タイトルロゴとしての機能性もさることながら、全体の顔を文字で隠して覆うことによる彼女自身への鬱屈感や苦しさ、また自分自身が決して何者でもないといった匿名性を持たせるためのダブルミーニングとしてデザインしています」と明かしている。

 加えて「これからの時代における本来の自分らしさ。気が付けば自己を見失い周りの人のために生きてしまっていたなんて良く聞く話。そんなこととは無縁な等身大の彼女によるとてつもなくリアルで生々しく、決して他人事ではない解像度で魅せてくれる自分らしさとは。観るまでは、まさかこんな気持ちになるとは思いもしなかった」「まさに最悪で最高なギフト映画」と、コメントを寄せた。

 残りの1種は、独自の世界観が注目され、国内外での展示をはじめ、アパレルブランドとのコラボレーションなど幅広く活動するグラフィックデザイナー・AICONによるイラストコラボポスター。

 イラストは、国内外での展示をはじめ、アパレルブランドとのコラボレーションなど幅広く活動するグラフィックデザイナー・AICONによるもの。思い悩むユリヤの内面と表情を、独特のウェーブのラインで繊細に表現した、シンプルでありながらも哲学的なデザインとなっている。そんなイラストをメインに石井氏がロゴなどを加え、ポスターに仕上げている。

■石井勇一氏(アートディレクター)のコメント(全文)

これからの時代における本来の自分らしさ。
気が付けば自己を見失い周りの人のために生きてしまっていたなんて良く聞く話。そんなこととは無縁な等身大の彼女によるとてつもなくリアルで生々しく、決して他人事ではない解像度で魅せてくれる自分らしさとは。観るまでは、まさかこんな気持ちになるとは思いもしなかった、まさに最悪で最高なギフト映画。

ビジュアル含めて宣材物として特に意識したのは、とにかくリアルで等身大な彼女自身をそのまま打ち出すということ。いわゆる決められた構図の決められた表情ではなく、不安の中にあるひたむきに真っ直ぐを見つめる視線。普段、私たちが何気なくしているリアルな自分の表情こその人生が詰まっている美しさです。

ああは人に言ってしまったけど、いろいろと思い付きでファッションや興味も心変わりしてしまうように、ビジュアルパターンのロゴ表情も敢えて全く変えています。紙面としては、タイトルロゴとしての機能性もさることながら、全体の顔を文字で隠して覆うことによる彼女自身への鬱屈感や苦しさ、また自分自身が決して何者でもないといった匿名性を持たせるためのダブルミーニングとしてデザインしています。

劇場パンフレットも同様のコンセプトから、派生した全く視点を変えた仕様の装丁になっていますので、お楽しみにです!

(C) 2021 OSLO PICTURES – MK PRODUCTIONS – FILM I VAST – SNOWGLOBE – B-Reel – ARTE FRANCE CINEMA

コメントは受け付けていません。