ケイコレ~稽古着ファッションをお届け~ Vol.97 範宙遊泳・埜本幸良&福原冠のお気に入りコーデ(ステージナタリー)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:ステージナタリー

ステージナタリーがお届けする稽古着コレクション、略して「ケイコレ」。この連載では、アーティストが愛用の稽古着を紹介。日々の稽古で活躍しているウェアと稽古着選びのこだわりを披露してもらうほか、いつかゲットしたい稽古アイテム、公演への意気込みなどについても聞く。

【画像】自身が所属する演劇ユニット・さんぴんのロンTを着用。(他5件)

今回は、範宙遊泳の埜本幸良と福原冠が登場。「バナナの花は食べられる」で第66回岸田國士戯曲賞を受賞した山本卓卓の新作「ディグ・ディグ・フレイミング!~私はロボットではありません~」に出演する2人に、お気に入りの稽古着を披露してもらった。

■ 稽古着におけるこだわりは?
□ 埜本幸良
一番は、毎日着るものなので枚数がそろっていること! デザインは、公演Tシャツや映画のものが多いですね。普段はなかなか着られないし、稽古場で話が広がります。そして何より色! そんなグリーン、私服で着ます?というような。ということで今のお気に入りはSPACのTシャツです。かわいい!

□ 福原冠
稽古着は基本的に役に準じた服を選ぶようにしています。服装のイメージが固まるまではとにかく動きやすさ重視! お芝居をしているときに自分の腕がどこにあるかが気になるので、なるべく長袖を着るようにしています。このピンクのパンツはダンス作品やアクションのある作品でも活躍してくれて、重宝しています。同じものが欲しいけど、古着屋さんで見つけた一点ものなので難しいかな……。

■ いつか手にしたい憧れの稽古アイテムは?
□ 埜本幸良
小さい水筒が欲しいです。移動時間に癖で絶対缶コーヒーを買っちゃうんですよ。それをやめたい……。だから小さい水筒を買って、家からコーヒーを持ち運びたいのです。缶コーヒーサイズの水筒があったら良いなあ。

□ 福原冠
稽古で着られるようなスーツと革靴があると良いなあと常に思っているのですが、なかなか手が出せずにいます。

■ 範宙遊泳「ディグ・ディグ・フレイミング!~私はロボットではありません~」で特に注目してほしいのはどんなところ?
□ 埜本幸良
とにかく肩の力を抜いて楽しみに来てほしいですね。今回の作品は、内容や描写に対してあらかじめアラートを出しているんですが、演じる側、僕の心持ちとしては、楽しんで観てほしい。もちろん楽しいことばかり描くわけではないですけど。観る人も演じる人も良い疲労感を感じられるような作品です!

□ 福原冠
めくるめく勢いで物語が展開していきます。切れ味のあるにぎやかさの中にふんだんに盛り込まれた演出、役者、スタッフのアイデア、ユーモア、挑戦にもご注目いただけたらうれしいです。振り落とされないようにしっかり準備をして臨みます!

■ プロフィール
□ 埜本幸良
1986年、岐阜県生まれ。俳優、ビデオグラファー。映像作品の制作、オンラインの演劇部を立ち上げるなどの活動も行っている。

□ 福原冠
1985年、神奈川県生まれ。俳優。2014年から範宙遊泳に所属。2015年に板橋駿谷、北尾亘、永島敬三と演劇ユニット・さんぴんを立ち上げた。DJとしても活動している。

【広告】

チャレンジしてみたら?

週末を利用して体験旅行はどうですか?

まずは体験プログラムで自分に出来そうか

見極めてみたら?

 

旅行先での遊び や、

週末の おでかけ 先をお探しなら

日本最大級のレジャー総合情報サイト

                    「asoview!(アソビュー)」

にお任せ。

↓   ↓   ↓


コメントは受け付けていません。