横浜流星「線は、僕を描く」に江口洋介、三浦友和らが出演! スペシャルメイキング映像も披露(映画.com)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:映画.com

横浜流星が主演する小泉徳宏監督の最新作「線は、僕を描く」の公開日が、10月21日に決定。あわせて、細田佳央太、河合優実、富田靖子、江口洋介、三浦友和の出演が明らかになり、スペシャルメイキング映像も披露された。

【動画】横浜流星が見事な筆さばきを披露!「線は、僕を描く」スペシャルメイキング映像

 原作となった砥上裕將氏による「線は、僕を描く」(講談社文庫刊)は、2020年に本屋大賞3位、19年にTBS「王様のブランチ」のBOOK大賞を受賞した青春芸術小説。横浜が、水墨画を学び、その世界に魅了されていく主人公の青山霜介役、清原果耶が霜介と出会いライバル心を抱くようになる篠田千瑛を演じる。

 大学生の霜介は、家族を不慮の事故で失った喪失感を抱えながら生きてきた。ある日、絵画展設営のアルバイト中に、水墨画に出合う。白と黒のみで表現された画のはずなのに、色鮮やかな世界が広がることに目を奪われた霜介は、水墨画の巨匠・篠田湖山に声をかけられる。やがて霜介は湖山のもとで水墨画を学び始め、初めての世界に魅了されていく。

 「町田くんの世界」「花束みたいな恋をした」の細田は、霜介が水墨画を始めるきっかけを与えた親友の古前(こまえ)役、「サマーフィルムにのって」「由宇子の天秤」の河合は、霜介に触発され水墨画を始め、古前とともに水墨画サークルを立ち上げる川岸(かわぎし)役として参加。また、美術館長の国枝を矢島健一、大手広告代理店の営業・滝柳を夙川アトム、同じく代理店の営業・笹久保を井上想良が演じる。

 また、富田は水墨画の評論家・藤堂翠山(とうどう・すいざん)、江口が湖山の一番弟子・西濱 (にしはま)に扮する。三浦は、巨匠・篠田湖山(しのだ・こざん)役で登場。霜介を一目見て弟子として迎え入れることを決め、水墨画の世界へ導いた人物だ。

 「ちはやふる」シリーズでも知られる横山克の美しい音楽が流れるメイキング映像では、水墨画の難しさに直面した横浜、千瑛を演じる清原の姿を活写。役へのアプローチを小泉監督と入念に相談している様子が映し出されている。水墨画家・小林東雲氏のもと、1年以上の時間をかけて水墨画の練習を繰り返したという横浜。映像の中でも「この作品の世界で存分に生きることができれば良いなと思っています」と語っており、劇中では見事な筆さばきを披露。霜介として生きた証がうかがえる仕上がりとなっている。

 「線は、僕を描く」は、10月21日に全国公開。

【広告】

              ふとんクリーナーのパイオニア

レイコップ

・レイコップだけの特許技術「光クリーンメカニズム」
・UV+たたき+吸引の3ステップで、効果的にハウスダストが除去できる!
・ハウスダスト除去率は3分90%以上!
・実感できる楽しさ、よく見えダストボックス
・実際ハウスダスト取れてるの?… 一目でわかるダストボックスを採用!




コメントは受け付けていません。