アンジェリーナ・ジョリー監督新作 サルマ・ハエック&デミアン・ビチルが主演(映画.com)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:映画.com

アンジェリーナ・ジョリーの監督第5作「Without Blood(原題)」に、サルマ・ハエックとデミアン・ビチルが主演することがわかった。ジョリーとハエックは大ヒットマーベル映画「エターナルズ」で共演している。

 米Deadlineによれば、ジョリー監督、脚本、製作の「Without Blood(原題)」は、映画「海の上のピアニスト」や「シルク」の原作者として知られるイタリア人作家アレッサンドロ・バリッコのベストセラー小説を映画化する作品。家族が殺害され唯一生き残った4歳の娘ニーナが、年老いてかつて自分を助けてくれた人物と再会し、互いのこれまでの人生や50年前の夜の出来事を振り返る物語だ。

 ジョリーは今年、ヨーロッパを拠点にする制作会社フリーマントルと3年間のファーストルック契約を結んでおり、新作はフリーマントルがジョリーと共同製作する。今月からイタリア南部とローマで撮影がスタートしている。

 ハエックは現在、「マジック・マイク」シリーズの最新作「Magic Mike’s Last Dance(原題)」の撮影も進行中。「死霊館のシスター」「ゴジラvsコング」などで知られるビチルは、スウェーデン映画「ぼくのエリ 200歳の少女」をドラマ化する新作「Let the Right One In(原題)」でプロデュース、出演を務めている。

【広告】

【ファイテン公式】

 RAKUWA磁気チタンネックレスで

コリを緩和!




コメントは受け付けていません。