坂口健太郎&杏W主演“月9”『競争の番人』ポスタービジュアル解禁「不正と真っ向から戦う正義のHERO」(オリコン)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:オリコン

俳優の坂口健太郎、杏がW主演を務めるフジテレビ系“月9”『競争の番人』(毎週月曜 後9:00)の初回放送日が7月11日に決定。あわせて、今作のポスタービジュアルも解禁となった。

【画像】W主演を務める坂口健太郎&杏がクールにきめる!

 本作は、4月期月9ドラマ『元彼の遺言状』の原作者でもある作家・新川帆立氏が、『小説現代』(講談社)で連載し、5月に発売された最新刊『競争の番人』(同)が原作。坂口演じる天才で理屈っぽくひねくれ者の小勝負勉と、杏が演じる実直で感情のままに行動する元刑事の白熊楓が、公正取引委員会・第六審査、通称“ダイロク”の職員として、独占禁止法に関わる違反行為を取り締まり、経済活動における自由で公正な競争の場を守るために目を光らせる「競争の番人」として、談合やカルテルなど不正を働く企業の隠された事実をあぶり出していく“凸凹バディのエンタメ・ミステリー”となっている。

 今回解禁となったポスタービジュアルは、小勝負、白熊、桃園千代子(小池栄子)、風見慎一(大倉孝二)、六角洸介(加藤清史郎)、本庄聡子(寺島しのぶ)と公正取引委員会・第六審査の面々が並び、背景には巨大な氷山が水面に浮かんだダイナミックなビジュアルに。それでいて、配色はモノクロでシックな仕上がりとなっているが、これは作中で“ダイロク”の面々が公取委を“弱小官庁”と卑下したり、自分たちの仕事を「地味で面倒くさい仕事」と言ったりと、警察や検察などに比べて、公取委が“日が当たらないポジション”であるということをモノクロで表現したもの。

 ポスター背景の氷山の下には、大量のビル群が沈んでおり、見えないところでさまざまな企業の巨悪がはびこっており、我々が見ている社会は氷山の一角にすぎないのかもしれないという“競争社会”を根底から見つめ直す今作のテーマを表している。

 プロデューサーの野田悠介氏は「ポスタービジュアルは、水面の中という目に見えないところで、さまざまな企業の不正がはびこっている。目に見えているのはほんの一部の不正であり、氷山の一角にすぎないのかもしれないということを表現しました。その不正と真っ向から戦う、6人の正義のHEROというコンセプトをポスターに込めました! 巨悪をくじく、痛快爽快エンタメドラマにぜひ、ご注目ください!」とのコメントを寄せている。

コメントは受け付けていません。