『マイファミリー』“真犯人”考察 整理しておきたい3つのポイントを振り返る(クランクイン!)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:クランクイン!

二宮和也が主演を務める日曜劇場『マイファミリー』(TBS系/毎週日曜21時)が、いよいよ最終章に突入する。本稿では、いまだ正体を見せていない“真犯人”について、ネット上に飛び交う考察を交えながら、整理していきたい。

【動画】タブレットが鍵に!? ゾワッとする『マイファミリー』第9話予告

 これまで起きたすべての事件の発端となったのは、5年前の東堂樹生(濱田岳)の娘・心春(野澤しおり)誘拐事件である。東堂は、娘の心春を取り戻すために、鳴沢温人(二宮)の娘・友果(大島美優)を誘拐した。自分が模倣犯になれば、警察の目をふたたび事件に向けることができる。そう思った彼は、全く同じ手口で誘拐を実行して、真犯人をあぶり出すために暴露本まで出版したのだ。

 たとえ、親友の温人と未知留(多部未華子)を傷つけることになったとしても、娘が助かればそれでいい――。『マイファミリー』は、それぞれが“家族”を思う気持ちがぶつかり合い、事件が複雑化している。

 友果誘拐の真相は第8話で判明したが、“真犯人”はまだ潜んでいる。真犯人とは、東堂が主犯となって行った事件を除き、3つの誘拐事件の鍵を握る人物だ。ここで気になるのが、三輪碧(賀来賢人)の娘・優月(山崎莉里那)の誘拐は、東堂に命令して実行させたのに、阿久津晃(松本幸四郎)の娘・実咲(凛美)は、自らの手で誘拐をしたこと。

 「心春を殺す」と脅せば、東堂はどんなことだってする。真犯人は、彼の心理を熟知しているはずだ。ならば、実咲の誘拐も東堂にやらせた方が、自分の手を汚さずにすむ。それなのに、他人に任せなかった“理由”とは。

【広告】

 ZAFUL

  注目のレディース・ファストファッション通販





ZAFULは欧米を中心に

レディースファストファッションを

提供しているサイトです。

コメントは受け付けていません。