【ちむどんどん】賢秀、怪しげな商売で“因縁”我那覇と再タッグ「懲りない」「とんでも展開すぎる」【ネタバレあり】(オリコン)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:オリコン

俳優の黒島結菜がヒロインを務める、NHK連続テレビ小説 『ちむどんどん』(月~土 前8:00 総合/前 7:30 BS4K・BSプレミアム※土曜日は1週間の振り返り)の第41回が、6日に放送された。

【写真】暢子も急展開!オーナー命令でおでん屋に出向…

 本作は今年で本土復帰50年となる沖縄が舞台。ヒロイン・黒島結菜は、豊かな自然に恵まれた「やんばる地方」のサトウキビ農家の次女として育つ比嘉暢子(のぶこ)を演じる。物語は、本土復帰前の1960年代からスタート。本土復帰となった1972年に高校を卒業した暢子は、東京へ。レストランで修行に励む中、人生を変える人々との出会い、そして運命の恋。愛する沖縄料理に夢をかけるヒロインと強い絆で結ばれた4兄妹の笑いと涙の「家族」と「ふるさと」の物語が描かれる。

※ネタバレあり
 暢子(黒島結菜)は徐々にイタリア料理の仕事に慣れてきたが、ひょんなことから、オーナーの大城房子(原田美枝子)に命じられて、とある店舗の応援に出向くことになった。

 出向いた先はイタリア料理店ではなく、意外な店だった。兄の賢秀(竜星涼)は何やら怪しげな商売に手を染め始める。姉の良子(川口春奈)は夫婦関係に問題を抱えているようで…。妹の歌子(上白石萌歌)は勤め先の男性が気になり始めていた…という第41回のストーリーだった。

 出勤途中の暢子は、放浪の旅に出ていた賢秀が「紅茶豆腐」という健康食品を路上販売している姿を見かける。さらに為替レート投資話で騙された我那覇良昭(田久保宗稔)とタッグを組み、再び一攫千金を夢見ていることが明らかに。

 ネット上では「我那覇さんとまた絡んでるの?」「懲りないな」「相変わらずのクズニーニー…」「いつかどデカい天罰来る」「ええええ、なんで我那覇と一緒に??とんでも展開すぎる」「ニーニー、しっかりしてくれ!」などの声が寄せられている。

【広告】 更年期?

《経典薬方》寧心補腎丸

・活力が減退し、不安が原因で落ち着かないと感じる方に
・心身ともに充実した毎日を送りたい全ての方に

滋養強壮のほか、胃腸機能の改善、疲労回復に

コメントは受け付けていません。