古典ベースに“非常に今日的なテーマ”描く、円盤に乗る派「仮想的な失調」スタート(ステージナタリー)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:ステージナタリー

円盤に乗る派の新作公演「仮想的な失調」が、本日6月3日に東京・吉祥寺シアターで開幕した。

【画像】円盤に乗る派 「仮想的な失調」より。(撮影:濱田晋)(他4件)

「仮想的な失調」は、狂言「名取川」と能「船弁慶」をベースに、カゲヤマ気象台が脚本を手がける作品。カゲヤマ気象台と蜂巣ももが共同で演出を手がけ、辻村優子、鶴田理紗、橋本清、畠山峻、日和下駄が出演する。

開幕に際し、カゲヤマ気象台は「名前を喪失すること、違う物語を演じ分けること、過去の亡霊に復讐されること、いずれも非常に今日的なテーマです。知識は必要ありませんので、どうぞごゆっくりご覧ください」、蜂巣は「(カゲヤマ気象台と)二年前に共同演出を行った際は、座組メンバーでよくご飯を食べた。それが知らない旨さだったことが記憶に残っている。香辛料では鼻につくが、レシピを完成されないと、その背景にある、カルチャーは味わえない。共同演出がどのような効果を生んだか、私もレシピの一つになって自身で分解しきれないけれど、何らかのカルチャーになっていることを期待している」とそれぞれコメントした。

上演時間は休憩ありの約1時間30分。公演は6月5日まで。

■ カゲヤマ気象台コメント
「仮想的な失調」はフィクションについての作品です。物語であるからフィクションを扱うのは当然のことと思われるかもしれませんが、実際は私たちの現実の生活においてもフィクショナルなものは作用しています。そのような広い意味でのフィクションについて語るために、今回は古典作品を援用しました。名前を喪失すること、違う物語を演じ分けること、過去の亡霊に復讐されること、いずれも非常に今日的なテーマです。知識は必要ありませんので、どうぞごゆっくりご覧ください。

■ 蜂巣ももコメント
カゲヤマ作品は言葉にまつわるイメージや記憶を匂わせながら、シンプルな物語を紡ぐ。それらは悲しみを背負っていて、男性社会や男性文化の責任を取ろうとしているように見える。

二年前に共同演出を行った際は、座組メンバーでよくご飯を食べた。それが知らない旨さだったことが記憶に残っている。香辛料では鼻につくが、レシピを完成されないと、その背景にある、カルチャーは味わえない。

共同演出がどのような効果を生んだか、私もレシピの一つになって自身で分解しきれないけれど、何らかのカルチャーになっていることを期待している。

■ 円盤に乗る派 「仮想的な失調」
2022年6月3日(金)~5日(日)
東京都 吉祥寺シアター

脚本:カゲヤマ気象台
演出:カゲヤマ気象台、蜂巣もも
出演:辻村優子、鶴田理紗、橋本清、畠山峻、日和下駄

コメントは受け付けていません。