上田まりえ“念願だった”神宮球場でのウエディングフォトに反響続々「美男美女で、ものすごく良い写真」(オリコン)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:オリコン

フリーアナウンサーの上田まりえが3日、自身のインスタグラムを更新。「結婚6年目にして、ようやくウエディングフォトを撮影しました」と報告した。

 上田は「2017年2月1日に結婚して5年と数ヶ月……結婚式も挙げず、写真も撮らないままでいましたが、結婚6年目にして、ようやくウエディングフォトを撮影しました。場所は、明治神宮野球場!」とし、神宮球場グラウンドのバッターボックスに立って笑みを浮かべた2人の写真などをアップした。

 「大学1年生のとき、ある新聞に神宮球場で結婚式を挙げたご夫婦の記事を見かけました。その日から心の中で密かに抱いてきた夢……35歳になり、かなえることができました!」と喜びもひとしおのよう。「選手と助監督として大学野球に携わった夫を、いつもスタンドで見守ってきました。実は、プロポーズの場所も神宮球場で、野球だけではなく、家族の思い出もたくさん詰まっています。そんな思い出も含めて形にすることができて、とても幸せです」と声を弾ませた。

 「基本的には笑顔の毎日を過ごしていますが、時にどうしようもないほどつらく悲しいことも起こってしまいます。そんなときに、『この人がそばにいてくれてよかった』と心から思っています」としみじみ。「出会ったときは19歳だった夫も、本日6月3日、32歳の誕生日を迎えました。20歳の誕生日から付き合い始め、途中3年ほど別れている期間もありましたが結婚し、こうして記念日を迎えることができて感慨深いものがあります。(成人式も出たしね!笑)」と心境を明かした。

 「最近は仕事関係でも夫婦で行動する機会が増え、一緒に過ごせる時間が長くなったことがとてもうれしいです。今後とも、夫婦共々よろしくお願いいたします」と呼び掛けた。

 この投稿を見た人からは「すごく素敵でものすごく羨ましいです」「思い出の詰まった場所でのウエディングフォトは素敵ですね」「こういうのは憧れますよね。お裾分けありがとうございます」「旦那様かっこいいな」「美男美女で、ものすごく良い写真です」などと絶賛の声が寄せられた。

【広告】

【ファイテン公式】

 RAKUWA磁気チタンネックレスで

コリを緩和!




コメントは受け付けていません。