ルートボックス規制のため『ディアブロ イモータル』はベルギーとオランダでリリースされないことに(IGN JAPAN)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:IGN JAPAN

『ディアブロ イモータル』は、ルートボックスを違法とするベルギーとオランダの両国ではリリースされない。
待望のモバイルゲーム(現在はPC版もある)がついに2022年6月3日(日本時間)にリリースとなるが、開発元のActivision Blizzardはわずか数日前になって、ヨーロッパの2カ国でのリリースを取り止めた。
gamesindustry.bizの報道およびEurogamerの確認によると、ベルギーおよびオランダではルートボックスがギャンブルとみなされ違法となっていることを理由に、『ディアブロ イモータル』は上記の地域ではリリースされないようだ。

「ディアブロ イモータル」画像・動画ギャラリー

「『ディアブロ イモータル』はベルギーおよびオランダではリリースされません。そして、Battle.netならびに、ベルギーとオランダのApp StoreやGoogle Playストアには登場しません」広報担当者はEurogamerに対してこう語った。
2018年に制定されたこの規制は、基本的に課金の可能性のあるコンテンツを含むルートボックスのみを対象としたものだ。Activision Blizzardは何らかの理由により『ディアブロ イモータル』がこの規制に抵触すると判断し、こうした地域でのリリース停止を決めたようだ。

『ディアブロ イモータル』は「BlizzCon 2018」で発表された。モバイル限定でのリリースに対してはたちまちファンから否定的な意見が上がり、これを受けてBlizzard Entertainment社長(当時)のJ・アレン・ブラックは、同社の基本的なルーツはPCにあることがわかったと発言していた。
しかしながら、IGN USでは本作のアルファ版について、多少の課題をはらんでいたもののとても楽しいひとときだったと評価していた。
昨年、Activision Blizzardは差別やハラスメント問題で告訴されたことで打撃を受け、ブラックは社長を辞任した。この一件は、同社が長きにわたって批判にさらされる発端となった。

【広告】

              ふとんクリーナーのパイオニア

レイコップ

・レイコップだけの特許技術「光クリーンメカニズム」
・UV+たたき+吸引の3ステップで、効果的にハウスダストが除去できる!
・ハウスダスト除去率は3分90%以上!
・実感できる楽しさ、よく見えダストボックス
・実際ハウスダスト取れてるの?… 一目でわかるダストボックスを採用!




コメントは受け付けていません。