増田明美、『警視庁・捜査一課長』ゲスト出演「セリフを一部、解説風やマラソン用語にしちゃいました」(クランクイン!)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:クランクイン!

今夜6月2日20時放送の内藤剛志主演ドラマ『警視庁・捜査一課長 season6』(テレビ朝日系)第8話拡大スペシャルに、ピン芸人・吉住とスポーツジャーナリストの増田明美がゲスト出演。ベテラン刑事を演じる増田は、マラソン解説調で“捜査本部あるある”を伝授する。

【写真】増田明美、捜査会議で小ネタを披露

 ヒラ刑事からはい上がった“たたき上げ”の捜査一課長・大岩純一(内藤)と捜査員たちの熱き奮闘を描く本作。第8話は《陽キャVS陰キャ》がテーマ。明るい性格でいつも陽気な《陽キャの容疑者》を、引っ込み思案で目立たないタイプの《陰キャの巡査》が追う―という前代未聞のミステリーに。

 ド派手なクラブファッションに身を包んだ、陽キャにしか見えない不動産会社社長が殺害される事件が発生。遺体の第一発見者でもある交番勤務の巡査・尾山田すずめ(藤野涼子)は、大岩の指示で捜査本部に加入し、初めて殺人事件の捜査に挑むことに…。

 やがて、すずめは事件現場で目撃した怪しい女性が、高校時代のクラスメート・陽木渚(長見玲亜)であることに気づく。実は学生時代、内向的で陰キャだったというすずめは、クラスの中心的人物で陽キャの渚に“ある感情”を秘めていて…。

 吉住の今回の役柄は、すずめと渚のそれぞれと深いかかわりを持つ女性・倉本景子。「通常時は陰キャ」だと自身を分析する吉住は「陰キャ陽キャがテーマでしたが、2人を昔から知っているという役だったので、どちらかを意識というよりは、柔らかく自然体で演じさせていただきました」と、ナチュラルさを心がけてキャラクターを表現したことを告白した。

 そして、マラソンの解説者としておなじみの増田が演じるのは、ベテラン刑事・甲斐節子。初めての捜査会議に戸惑うすずめに“捜査本部あるある”を伝授し、導く存在だ。

 マラソン中継では小ネタ満載、細かすぎる解説で毎回話題を集めている増田だが、『警視庁・捜査一課長』の捜査本部にはいったいどんな解説を加えるのか? 節子が伝える一課長ワールドのヒミツとは…?

 増田は「内藤さんが皆のために用意されている“おやつパック(ドーナツやおせんべいなど)”が箱にいっぱい。毎回のことらしく、あのおやつパックに『警視庁・捜査一課長』のチームワークの良さが象徴されていると感じました」と、コメントでも現場の小ネタを紹介。「現場で監督と相談して、セリフを一部、解説風やマラソン用語にしちゃいました。いろんなところがマラソンっぽくなっているので、楽しみに見てくださいね」と呼びかけている。

 木曜ミステリー『警視庁・捜査一課長 season6』は、テレビ朝日系にて毎週木曜20時放送。

※吉住、増田明美コメント全文は以下の通り

【広告】 更年期?

《経典薬方》全鹿滋腎丸

<

・体のだるさ、痛みを感じる方に
・眠りが浅い、眠れないと悩んでいる方に

腰や膝を始めとする身体機能の衰えやだるさ、      睡眠の質などの改善に

コメントは受け付けていません。