まだ間に合う!『やんごとなき一族』1~6話を一気に振り返り 土屋太鳳が乗り越えた数々の試練を一挙紹介(オリコン)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:オリコン

土屋太鳳が主演するフジテレビ系木曜劇場『やんごとなき一族』(毎週木曜 後10:00)が、第6話まで放送を終えた。“やんごとなき一族”を舞台に繰り広げられるさまざまな試練に対して、土屋演じる主人公・深山佐都(みやま・さと)が、松下洸平演じる夫・深山健太(みやま・けんた)とともに毅然(きぜん)と立ち向かう展開に、毎週ドキドキ、ハラハラしながらテレビに釘付けとなっている視聴者も多いだろう。本作の見どころは、何と言っても土屋がさまざまな困難を乗り越えていく姿。今回は、これまで放送された第1~6話までを一気に振り返りつつ、土屋の熱演を紹介していく(※ネタバレあり)。

【画像】原作は同名タイトルの漫画『やんごとなき一族』

【第1話】
 篠原佐都(土屋)は、母の良恵(石野真子)と2人で下町の大衆食堂『まんぷく屋』を切り盛りする女性。ある日、佐都はかねてより交際してきた深山健太(松下)にプロポーズされ、それを受け入れる。

 実は健太は、江戸時代から400年以上続く名家で莫大(ばくだい)な資産を有する一族・深山家の御曹司。健太の出自に驚き、彼の両親に気に入ってもらえるかと不安がる佐都に、健太はこれまで実家と距離を置いてきた理由を正直に打ち明ける。

 その後、2人はご挨拶に深山家に到着するが、圭一から命令された健太の母・久美(木村多江)によって、佐都は門前払いを食らい呆然(ぼうぜん)としてしまう…。

■ここが見どころ:ずぶ濡れの佐都はサウナ室に閉じ込められるも自らドアをぶち壊して脱出!

 深山家当主・圭一(石橋凌)の母で、深山家の“女帝”である八寿子(倍賞美津子)が静養を終えて帰ってくることに。快気祝いが開かれることになったが、迎えた当日、招待客の子供が敷地内で行方不明になってしまう。佐都は心配から子供の捜索に協力。池に転落した子供を見つけると、佐都は迷いなく子供を救うために服を着たまま池に飛び込み救出する。

その後、ずぶ濡れになった佐都は、義姉の美保子(松本若菜)に着替えに連れられるが、次期女主人の座を奪われそうになり佐都のことを良く思わない美保子に水をかけられ悪態をつかれたあげく、サウナ室に閉じ込められてしまう。その時、佐都が落としたスマホに、良恵が倒れたと緊急連絡が入る。母の危機に、佐都は「庶民なめんなよ」サウナ室にあったハンマーでドアを壊して脱出するのだった。

 第1話からまさに“体当たり”の演技を見せた土屋。救出シーンではためらうことなく池に飛び込み、クロールで懸命に泳ぐ姿も披露。全身ずぶ濡れになって緊迫したシーンを見事に演じきった。

【第2話】
 佐都は、入院した母・良恵が心配で見舞いたいと頼むと、美保子は義祖母の八寿子に断りを入れるようにと促す。しかし、八寿子は佐都の申し出を許さず、深山家の跡取りである健太と結婚した以上、深山家の発展に人生の全てを捧げるのは当たり前だと叱責。諦める佐都だったが、その後帰宅して事情を知った健太は、すぐに良恵のところへ行くよう佐都に告げる。

 健太の言葉で病院に向かおうとした佐都は、深山家へ来訪した葛西綾(小沢真珠)と玄関でぶつかってしまう。するとそこに久美が来て、綾を丁寧に出迎える。この時、佐都は深山家の奥深い闇にまだ気づいていなかった。

 その後佐都は、ひょんなことから綾が圭一の愛人であること、久美が綾のことで苦悩を抱えていることを知る。久美の気持ちを慮った佐都は、愛人の存在を黙認している深山家の人々に一石を投じるが…。

■ここが見どころ:まるで昼ドラ! 土屋太鳳がグリーンスムージーまみれに

 健太の専務就任祝賀会を控え、服を用意することになった佐都。高級ブランド店を貸し切りにして、義妹のリツコ(松本妃代)らに選んでもらったドレスを購入する。その後、街中を歩いていると、綾に遭遇する。佐都がかねてから愛人についてよく思っていないと圭一から聞いていた綾は、自分の存在の必要性を説くとともに、手にしていたスムージーのフタを開けておもむろに佐都の頭にかけ始める。

 街中でいきなりスムージーを頭にかけるという、このおぞましいシーン。小沢真珠が、かつて昼ドラで見せていた怪演を彷彿とさせる。美しい髪や顔にドロドロとした飲み物がかかり、思わず声が出てしまうほどインパクトのある場面となっている。

コメントは受け付けていません。