セブン、給食の人気メニューを商品化 “日本一おいしい給食”で残菜減少目指す足立区と連携(オリコン)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:オリコン

セブン‐イレブン・ジャパンは、「足立区制90周年」を記念し、地域で愛される味わいを楽しめる2品を、足立区などのセブン‐イレブン178店舗(4月30日現在)にて31日より発売した。

【画像】手軽に野菜を摂取できる『こまツナサラダ』も

 “日本一おいしい給食”を目指す足立区の給食の人気オリジナルメニュー『えびクリームライス』(税込464.40円)は、子どもの成長期に大切な栄養素「カルシウム」が多く含まれる牛乳を使用するとともに、海老の旨みも味わえるクリームに仕上げている。『こまツナサラダ』(税込259.20円)は、小松菜にツナを組み合わせ、ごま油などで和えた商品。カップサイズのサラダで、手軽に野菜を摂取できる。

 2008年度当時、足立区では小・中学校の給食総残菜量が年間341 トンあったことを受け、区独自の「おいしい給食事業」をスタート。ただ味が“おいしい”だけでなく、給食を「生きた教材」として、生産者や調理に関わる人々への感謝の気持ちや、食に関する学びを大事にした取り組みを15 年続けている。区立小・中学校全103校の自校内調理の中で、各校が様々なメニューやアイデアで取り組んだ結果、2021年度の総残菜量は、当初と比べて3 分の1 以下の年間113 トンまで大きく減少。学校給食が、足立区の子どもたちの心と体の成長を支えている。

 またセブン‐イレブン・ジャパンは、5年前に『足立区の活性化に向けた包括連携協定』を締結して以来、地域社会の活性化に関するさまざまな取り組みにおいて連携してきた。今回、“日本一おいしい給食”を目指す足立区の給食人気メニューを味わえる商品や、野菜の積極的な摂取により疾病対策を推進する「ベジタベライフ」に関連した商品の発売を通じて、地域の人々の健康増進や食育につながる取り組みを、6月の食育月間にあわせて行う。

【広告】

体臭・口臭にお困りの方!   

多数のメディアで話題の消臭サプリ

                                        『shunax』
                                   もう気にならない!!

 



コメントは受け付けていません。