ミス・ワールドを巡る〈女性活動家〉〈出場者〉〈主催者〉の群像劇『彼女たちの革命前夜』予告編(オリコン)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:オリコン

世界三大ミスコンテストの一つである「ミス・ワールド」で、実際に起こった前代未聞の大騒動を完全映画化した『彼女たちの革命前夜』(6月24日より全国順次公開)の予告編が到着した。

【動画】映画『彼女たちの革命前夜』予告編

 主人公のサリーを演じたのは、『はじまりのうた』のキーラ・ナイトレイ。盟友のジョーには、『ジュディ 虹の彼方に』のジェシー・バックリー。ミス・グレナダのジェニファーには、『女神の見えざる手』のググ・バサ=ロー。監督は『サード・デイ ~祝祭の孤島~』のフィリッパ・ロウソープが務め、ミス・ワールドを舞台に、出演者と主催者、そして開催を阻止しようとするサリーたちら、それぞれの思惑が交差する群像劇を描き切った。

 予告編は、「ミス・ワールド」出演者のものまねをする孫をほめる母親に対し、サリー(キーラ・ナイトレイ)が注意をするシーンから始まる。1970年にロンドンで開催されたミス・ワールドの世界大会。出場者は理想のスリーサイズを求められ、まるでモノのように品定めされていた。

 司会はアメリカの人気コメディアンであるボブ・ホープ(グレッグ・キニア)。彼は今までの優勝者と関係を持った経歴がある。そんな女性を見せ物にするミス・ワールドをぶっ壊そうと、サリーやジョー(ジェシー・バックリー)が立ち上がる事になった。

 一方でミス・グレナダとして出場をするジェニファー(ググ・バサ=ロー)は自身が大会で優勝をすることで、故郷の少女たちに夢を与えたいという目標を持っていた。そして迎えた大会当日。多くの観客が会場に詰めかける中、司会のボブ・ホープは「私はケダモノではない。だが、常に女性に触れてたい」と冒頭からジョークを飛ばす。会場に潜入をしていたサリーらはこの言葉にショックを受け、準備をしていた抗議デモを始めるのだが…。

 当時絶大な人気を誇っていた「ミス・ワールド」で実際に起きた前代未聞の大騒動を女性活動家や大会の出場者・主催者の三方向から描いたストーリー。誰もが楽しめるエンターテイメント作品に仕上がっていることを感じさせてくれる予告となっている。

コメントは受け付けていません。