新PS Plusでプレイできる初代PSのゲームには、ブラウン管の映像を再現するフィルターなどが追加される模様(IGN JAPAN)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:IGN JAPAN

新PS PlusのサービスとしてPS4およびPS5用に提供される初代PSのゲームには、CRT(ブラウン管)フィルター、巻き戻し機能など、新たなオプションが追加されるようだ。
リニューアル後のPS Plusは2022年6月2日より日本でサービス開始となるが、それに先駆けてマレーシアのPS Storeにリストが登場し、初代PSの一部のゲームを別個に購入できるオプションも登場した。
ゲームフォーラム「ResetEra」のユーザー「brokenswiftie」の指摘によると、『エイブ・ア・ゴーゴー(Oddworld: Abe's Oddysee)』、『Worms World Party』、『Worms Armageddon』が初代PSのエミュレーションとしてリストアップされており、その価格は5~10ドルだったという。最初の2つの価格は20マレーシアリンギットで、『Worms Armageddon』は39マレーシアリンギットとなっており、後者と同じ価格のタイトルは米国のストアでは9.99ドルとなっている。

「PlayStation Plus Membership」画像・動画ギャラリー

ゲームの説明文によると、これら初代PSのエミュレーションはそれぞれ「アップレンダリングや巻き戻し、クイックセーブ、カスタムビデオフィルターといった機能で改良」されるのだという。
また「ResetEra」の投稿には、上記のカスタムビデオフィルターがどのようなものかを説明するスクリーンショットも添付されていた。あるオプションでは、初代PSのゲームが発売されていた当時の、ブラウン管テレビに映したような映像を再現することができる。ユーザーはデフォルト、レトロクラシック、モダンビジュアルの中から選択でき、アスペクト比を変更することも可能だ。

また、先週Bend Studioが明らかにしたように、PS4およびPS5でプレイが可能な一部の初代PSのゲームにトロフィーが実装されることもわかっており、『サイフォン・フィルター』で初めてその実装が認められていた。
リニューアルされたPS Plusは、まずは5月24日にアジア(日本以外)に登場し、日本では6月2日にサービス開始となる。北米および南米向けには6月13日、ヨーロッパ、オーストラリア、ニュージーランドが一番遅く、6月23日に開始予定となっている。

コメントは受け付けていません。