中京テレビ制作ドラマ×舞台の異色プロジェクト誕生 高柳明音「下手したら毛穴まで観られる」(オリコン)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:オリコン

俳優の高柳明音が30日、名古屋市内で行われた中京テレビ×エイベックス・マネジメント 共同制作プロジェクト第1弾ドラマ×イマーシブシアター『スタジオより愛をこめて』会見に参加した。ドラマと同じストーリーをもとに、同じ場所、同じ時間軸でリアルに追体験できるイマーシブシアターとの連動という異色作品。高柳は「下手したら毛穴まで観られると思ったら、メイクとか気をつけようと思います」と苦笑した。

【写真】ガッツポーズ!気合十分な高柳明音&砂川脩弥ら豪華キャストたち

 イマーシブシアターとは「没入型演劇」や「体験型演劇」と呼ばれる、新しい演劇スタイル。決まった客席・ステージがなく、空間全体が舞台となり、観客も自らの意思で会場内を自由に歩き回ったり、複数の部屋に移動することで、キャストの視点で物語を体験できる。同プロジェクトは7月2日、9日(午後11時30分から愛知、岐阜、三重エリア)の2週連続で放送されるドラマと、同局本社で9月15日から20日まで上演されるイマーシブシアターとの連動企画となる。

 この日はメインキャストを演じる長江峻行、砂川格弥、武子直輝、高柳、日比美思、福田愛依が参加。物語は長続く中京テレビの生番組『手紙 de ロウドクショー』の最終回放送1時間前。ADの一瀬(長江)、アナウンサーの二階堂(砂川)、番組Dの三上(武子)、MC・四ノ宮(高柳)、AP・五月女(日比美思)、新人AD・六車(福田)が巻き起こすドタバタ劇を描く。

 すでに前半のドラマ収録を終えた長江は、ワンカットでの撮影に「普段、生放送で使っているセットでテレビ局の人間としてお芝居ができる緊張感。映像でも舞台でも感じることのできない緊張感が役者たちに充満していた。お客さんが目の前にいる前では、ほかでは感じられなかった不思議な演劇体験をしてもらえるのでは」と期待を込めた。

 ほかの登場人物たちと対立するアナウンサー役の砂川は「震えましたね。舞台も何本かやらせていただいたんですけどこんな緊張感は久々。すごく楽しかったですし、やりきった感はあります」と手応え。日比は「題名の通り、スタジオから愛を込めて気持ちが届くように頑張りたいです」と意気込んだ。

 またほぼ初共演の面々に高柳は「不思議と同じ事務所で安心感があって打ち解ける時間も早かった。会って1週間しか経ってなくても、楽しかった。同じ事務所なのでスタッフさんも知っている。すごく、家族みたいな感じがしてうれしいです。エイベックスで良かったです」と笑顔。長江も「同じ事務所の6人でやれることはなかなかない経験、横のつながりができてうれしい」と一体感を実感していた。

【広告】  漢方由来のヘアーケアー

防掉髪洗髪露(強靭配方)


・髪にツヤや元気がなくなってきたと感じる方に
・健康で美しい髪を維持したい方に

傷んだ髪用シャンプーです。
防掉髪護髪素(滋養修護)との併用がお勧め。

コメントは受け付けていません。