『マイファミリー』“東堂”濱田岳の「無双回だった」 号泣演技に賛辞相次ぐ【ネタバレあり】(オリコン)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:オリコン

嵐の二宮和也が主演を務める、TBS系日曜劇場『マイファミリー』(毎週日曜 後9:00)の第8話が、29日に放送された。

【写真】衝撃の展開に…誘拐された実咲ちゃんの安否は?

 人生最悪の事態に見舞われた家族の絆が試される、ノンストップファミリーエンターテインメント。誘拐された娘を取り返すための唯一の方法として警察を排除することを決意した夫婦が、たった2人で娘を取り返すべく戦っていく。『グランメゾン東京』(2019年)、『TOKYO MER~走る緊急救命室~』(2021年)などの脚本家・黒岩勉氏によるオリジナル作。

※以下、ネタバレあり
 「俺が誘拐した」。親友・東堂(濱田岳)の告白に、温人(二宮和也)と未知留(多部未華子)、三輪(賀来賢人)は言葉を失くす。最愛の娘を誘拐される苦しみを誰よりも知っている東堂が、なぜ?

 温人たちは沸き上がる怒りを抑えながら、犯行に至った理由やその一部始終を聞く。そして、浮かび上がってくる数々の疑問点、東堂の娘・心春ちゃん誘拐に残る多くの謎。明かされる、更なる真実、物語は、ついに最終章を迎える…という第8話のストーリーだった。

 「…俺が誘拐した」。東堂は、5年前に心春を誘拐した“真犯人”をあぶり出すために模倣犯を演じ、温人の娘・友果、三輪の娘・優月を誘拐したことを自白した。しかし、阿久津の娘・実咲の誘拐に関しては、真犯人の命令で“受け子”として動いていたことが明らかになった。

 愛する娘の安否を5年間も待ち続け、今もなお真犯人の思惑に翻ろうされている東堂。温人たちへの懺悔(ざんげ)、真犯人とのやり取りで見せた肩が大きく震えるほどの号泣演技に「すごい演技力だった」「濱田岳の無双回だった」「東堂も報われてほしい」「最後にはみんな幸せになって」などの声が寄せられている。

【広告】

              ふとんクリーナーのパイオニア

レイコップ

・レイコップだけの特許技術「光クリーンメカニズム」
・UV+たたき+吸引の3ステップで、効果的にハウスダストが除去できる!
・ハウスダスト除去率は3分90%以上!
・実感できる楽しさ、よく見えダストボックス
・実際ハウスダスト取れてるの?… 一目でわかるダストボックスを採用!




コメントは受け付けていません。