倍賞千恵子主演、カンヌ国際映画祭「ある視点」部門正式出品『PLAN 75』 磯村勇斗&河合優実の場面写真解禁(クランクイン!)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:クランクイン!

女優の倍賞千恵子が主演する映画『PLAN 75』より、市役所職員ヒロムと高齢者をサポートするコールセンタースタッフ瑶子をそれぞれ演じる磯村勇斗と河合優実の新場面写真が解禁された。

【写真】75歳以上の高齢者に死を選ぶ権利―『PLAN 75』制度の重みに無自覚な若い世代を演じる磯村勇斗&河合優実

 本作は、映画監督の是枝裕和が総合監修を務めたオムニバス映画『十年 Ten Years Japan』の一編『PLAN75』を新たに構築し、キャストを一新した早川千絵監督の初長編映画。75歳以上の高齢者に自ら死を選ぶ権利を保障し、支援する国の制度「プラン75」が施行された社会で、その制度に大きくほんろうされる人々の姿を描く。第75回カンヌ国際映画祭オフィシャルセレクション「ある視点」部門への正式出品が決定している。

 主人公・角谷(かくたに)ミチを演じるのは倍賞千恵子。勤勉に慎ましく生きてきたミチだが、失職をきっかけに社会での居場所さえも失いかけることに。それでもなお、自分で立っていたいと自身を追い込んでいく。

 市役所職員のヒロムは、福祉担当として公園の設備管理や「プラン75」の加入促進の窓口を担当。また、コールセンターに勤務する瑤子は、「プラン75」加入者への定期的な電話連絡を担当している。2人はいたって真面目に勤務し、制度を疑うことなく、淡々と仕事を全うしているのだが、ヒロムは加入者として再会した伯父・岡部幸夫(たかお鷹)によって、瑶子はサポート対象の一人として出会う角谷ミチ(倍賞)との出会いによって、心情に変化が訪れる―。

 早川監督は、ヒロムと瑶子を演じる磯村と河合について、「様々な作品で毎回異なる顔を見せる磯村さんなら、私が想像する以上のヒロムを見せてくれるのではないかという期待を持ってオファーしました。河合さんは、写真を見て一目惚れです。瑶子役は当初はもう少し年上の人物を想定していたのですが、河合さんにと考えた時から、生き生きとしたキャラクターが動き出しました」と語る。

 またヒロムと瑶子というキャラクターについては「2人とも自分たちが非人間的なシステムの一端を担っていることに無自覚です。<プラン75>を選択する人のその先に待っていることについて、考えることをやめてしまっているのです。そんな彼らがこの物語でどんな気付きを得るのか。それが本作の希望のひとつでもあります」と語っている。

 場面写真では、磯村演じるヒロムが笑顔で高齢者たちに対応したり、車椅子を押したりする姿、河合演じる瑶子がコールセンターで働く姿を切り取っている。

 映画『PLAN 75』は、6月17日より全国公開。

【広告】 更年期?

《経典薬方》金匱腎気丸

<

・足のむくみを取りたい方に
・足腰が弱ってきたと感じる方に

腰や膝の痛みや衰え、足のむくみなどの改善に

コメントは受け付けていません。