竹原芳子、カンヌのレッドカーペットに降臨「『カメ止め!』の奇跡がまだ続いているよう」(オリコン)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:オリコン

現地時間17日に開幕した「第75回カンヌ国際映画祭」で、2018年に社会現象となった映画『カメラを止めるな!』(上田慎一郎監督)をアカデミー賞受賞歴のあるフランスのミシェル・アザナヴィシウス監督がリメイクした『キャメラを止めるな!』(7月15日公開)がオープニング作品としてプレミア上映された。オリジナルにも、リメイクにも無茶ぶりプロデューサー役で出演する竹原芳子がカンヌのレッドカーペットに“降臨”。カンヌでもチャーミングな笑顔を見せた。

【動画】仏リメイク版『キャメラを止めるな!』予告編

 2018年、熱狂的な口コミが日本列島を駆け巡り、観客動員数220万人、興行収入32億円を突破し、社会現象を巻き起こした『カメラを止めるな!』を、「第84 回アカデミー賞」作品賞をはじめ全5部門を制した映画『アーティスト』のミシェル・アザナヴィシウス監督がまさかのリメイク。

 現地時間17日午後7時からレッドカーペットセレモニー、同8時から公式上映が行われた。レッドカーペットには主演のロマン・デュリス、ベレニス・ベジョ、ミシェル・アザナヴィシウス監督と並んで、竹原がレースのドレスで登場。

 初のカンヌ国際映画祭のレッドカーペットを前にして、竹原は「『カメ止め!』の奇跡がまだ続いているような感覚があります。『カメ止め!』の代表として、私はプロデューサー(役)ということでこちらに来ることができたと思っていますので、とても光栄です。『カメ止め!』をたくさんの方が観てくださって、応援してくださったので、そのお陰だと思います。皆さんに御礼を申し上げたいです。そしてこのリメイクされたミシェル・アザナヴィシウス監督の作品に関わらせていただいたことはとても光栄です。心からうれしく思いますし、とても幸せな気持ちです」と、コメントした。

 オープニング上映では、『キャメラを止めるな!』監督・キャストが入ると、スタンディングオベーションが起きたそう。上映が始まると、序盤から笑いが起き、せりふ一つ一つに会場全体が沸いた。上映中、終始笑いが絶えることなく、何度も拍手が起こり、上映後は4分に及ぶスタンディングオベーション。

 竹原にマイクが回ると、会場はひときわ大きく盛り上がったという。オープニング上映後の興奮冷めやらぬ中、竹原は「素晴らしい体験をさせていただきました。今も夢のようです。レッドカーペットを歩き出す時は、いよいよ始まる。と、ワクワクでした。並ぶたくさんのカメラの前では、思いっきりピースしていました。劇場への階段を上がりながら、喜びいっぱいでした。そして、劇場に入るときには
耳に入った音楽に合わせて思わず体が踊り出しました。最高に幸せな瞬間でした」と、感動を語った。

 上映後、観客からは「とても楽しかった! 『アーティスト!』と同じように本格かつギミックのある映画愛が根底にある作品」「大きいスクリーンで観れてよかった!」「絶対たくさんのお客さんと一緒に観るべき作品」「竹原さんの登場はリメイクのベストアイディアのひとつ。そのシーンが1番笑いをとった」と、絶賛するコメントも聞くことができたという。

コメントは受け付けていません。